ユースケ部長も登場! 「とにかく気分がアガる服」特集 Vol.7
2020.05.10
FASHION

「部長びんびん“着回し”物語」シーズン5始動。カギとなる13のワードローブを一挙公開

「部長びんびん“着回し”物語」待望のシーズン5!

「部長びんびん“着回し”物語」待望のシーズン5!

オーシャンズ看板モデルで俳優の平山祐介さんが商社勤務の“ユースケ部長”に扮し、ドラマチックなファッションストーリーをお届けするこのシリーズ。

まずは「働き方改革」を自らの装いで牽引すべくビジカジ導入を決めたユースケ部長の、着回しの基本の13ワードローブをチェック!

 

ユースケの「ビジネスカジュアルワードローブ」

2006-148
【1】「ポロ ラルフ ローレン」のスーツ
【1】「ポロ ラルフ ローレン」のスーツ
着回し力絶大な紺無地スーツ。素材はコシのあるウールツイルで、パンツは旬のベルトレス仕様。13万1000円/ラルフ ローレン 0120-3274-20
【2】「マディソンブルー」のジャケット
【2】「マディソンブルー」のジャケット
ワイドなラペルとダブルブレストが大人ムード満点。表素材はシャリ感のあるウールのホップサック。9万8000円/マディソンブルー 03-6434-9133
【3】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のジャケット
【3】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のジャケット
縦向きの畝とサラッとしたタッチが特徴的なコードレーンが使用された2Bジャケット。4万4000円/ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180
【4】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のパンツ
【4】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のパンツ
【3】のジャケットとセットアップ使いできるパンツは緩やかテーパードで脚線も美しく。2万7000円/ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180
【5】「グラフペーパー」のジャケット
【5】「グラフペーパー」のジャケット
フレンチワークなカバーオールをベースにしたジャケットは伸縮性のあるスウェットで着心地快適。3万8000円/グラフペーパー 03-6418-9402
【6】「スローン」のカーディガン
【6】「スローン」のカーディガン
スリーピースのベスト代わりにも使えるカーデは上品な艶と滑らかタッチが特徴のシルクを選ぶのがユースケ流。3万1000円/スローン 03-6421-2603
【7】「キャバン」のニット
【7】「キャバン」のニット
スウェットのようにしっかりとしたコットンカシミヤ製。ドロップ気味の肩も今の気分にぴったりだ。2万8000円/キャバン 代官山店 03-5489-5101
【8】「ブルックス ブラザーズ」のシャツ
【8】「ブルックス ブラザーズ」のシャツ
汗ばむ肌にも心地良いソリッドなリネンシャツ。首元すっきり見えのバンドカラーも夏向き。2万9000円/ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718
【9】「フランク&アイリーン」のシャツ
【9】「フランク&アイリーン」のシャツ
洗いによるクタッとした風合いと淡いグリーンがこなれたリラックス感を演出する定番モデル「ルーク」。3万2000円/サザビーリーグ 03-5412-1937
【10】「インバート」のTシャツ
【10】「インバート」のTシャツ
ボディはジャージーのようなストレッチナイロン。ドロップ気味のショルダーと広めの身幅で、1枚でも今っぽく映る。1万8000円/アマン 03-6805-0527
【11】「ヤエカ」のパンツ
【11】「ヤエカ」のパンツ
センタープレスが入ったストレートラインが美しい新作チノ。今どきシルエットが◎だ。1万9000円/ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586
【12】「エンジニアド ガーメンツ」の パンツ
【12】「エンジニアド ガーメンツ」の パンツ
上品なグレンチェックなのに素材はリラックスしたコットンリネンというハイブリッドな技アリパンツ。3万1000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798
【13】「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
【13】「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム
バギーシルエットとライトオンスデニム、腰のゴムシャーリングではき心地も快適に。2万2000円/リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501
【1】「ポロ ラルフ ローレン」のスーツ
【2】「マディソンブルー」のジャケット
【3】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のジャケット
【4】「チューブ ユナイテッドアローズ コレクション」のパンツ
【5】「グラフペーパー」のジャケット
【6】「スローン」のカーディガン
【7】「キャバン」のニット
【8】「ブルックス ブラザーズ」のシャツ
【9】「フランク&アイリーン」のシャツ
【10】「インバート」のTシャツ
【11】「ヤエカ」のパンツ
【12】「エンジニアド ガーメンツ」の パンツ
【13】「リーバイス ビンテージ クロージング」のデニム

 

改めて「部長びんびん“着回し”物語」のあらすじを

“付属上がり”の名門私立大学出身で、大手総合商社・亞藤忠物産の繊維部門に勤務する部長・平山ユースケ(47歳)。

経産省管轄の業務に携わり、人望も厚く同期の中では出世頭と目される。重役とともに参加する政財界の大物たちとの会合もしばしばで、役員に昇進間近とのウワサも絶えない。

そんな折、ユースケに子会社出向の辞令が下る。その出向先は亞藤忠物産が昨年買収した、業界トップクラスの女性向け化粧品メーカーだ。社員の女性比率8割の中で、男子校育ち・熱血漢はだいたい友達のユースケ、女の園でサバイブできるのか!?

 
「部長びんびん“着回し”物語」Season1はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語」Season2はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語」Season3はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語」Season4はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語」特別版ショートストーリーはコチラ
 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 武内雅英=スタイリング yoboon(coccina)、MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 大関祐詞=編集 サニーサイドアップ、B&B Italia Tokyo=撮影協力

# ユースケ部長# 部長びんびん“着回し”物語
更に読み込む
一覧を見る