それは禁断の着心地……愛さずにはいられない「楽な服」! Vol.27
2020.04.30
FASHION

0秒で家から出られる快適な部屋着「パジャマパンツ」が手放せない!

家にずっといて、最低限の買い物だけ、しに行かなきゃ。でも、何着ていくか考えるのもメンドくさい。

……でも大丈夫。その快適な部屋着は、外でもちゃんと通用するのだ。力も抜けててアカ抜けている、パジャマパンツが手放せない!

 

パーカ&スニーカーとさらっと合わせりゃ万事OK

パーカ&スニーカーとさらっと合わせりゃ万事OK。「エル・エル・ビーン」のパジャマ
パジャマパンツ7900円[上下セット価格]/エル・エル・ビーン 0422-79-9131、パーカ2万4000円/エイトン(エイトン 青山 03-6427-6335)、カットソー1万4800円/プレ(インターナショナルギャラリー ビームス 03-3470-3948)、スニーカー5000円/アンバーウォール(417 エディフィス渋谷 03-5456-6971)、サングラス3万5000円/アヤメ 03-6455-1103

結論から言えば、街でもはけるカギはノーブルな柄と温もり溢れる素材感の相性の良さだ。トラッドなブラックウォッチで、素肌に気持ちいいコットンフランネル。

ゆったりとしたシルエットも手伝って、今っぽいユルさが漂う。無地のパーカと合わせるだけで、こんなに洒落て見えるのだ。

着ていたのは「エル・エル・ビーン」のパジャマ

「エル・エル・ビーン」のパジャマ
7900円[上下セット価格]/エル・エル・ビーン 0422-79-9131

ポルトガル製のコットンネルを使い、両面に起毛加工を施した温もりたっぷり。パジャマならではのゆとりが今のファッションの潮流とも好相性。気軽に洗濯できるから、気も使わなくていいのがうれしい。

NEXT PAGE /

おすすめのパジャマパンツはコレ

「ルクシー」のパジャマ
シャツ3万5800円、パンツ3万3800円/ともにルクシー(同興商事 info@looksea.jp)

「ルクシー」のパジャマ
シルク素材にこだわる気鋭ブランドの上下は、もちろんそんなお家芸の上質シルクのみで仕立てた贅沢仕様。微光沢と落ち感がたまらなく上品だ。随所に利かせたブラウンのパイピングもさりげなくてハイセンス。

 

「ノウハウ」のパジャマ
2万4000円[上下セット価格]/ノウハウ info@nowhaw.com

「ノウハウ」のパジャマ
遊びを利かせたパジャマを得意とする専業から。ストライプ柄で、シャツは大きめのパッチポケットが付いたカバーオール風デザイン。これなら上下でも着て出かけたくなるね。

 

西崎博哉(MOUSTACHE)、河津達成(S-14)、渡辺修身=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介、星 光彦、平野俊彦=スタイリング yoboon(coccina)、MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司、増山直樹、今野 壘、谷中龍太郎、菊地 亮、増田海治郎=文

# エル・エル・ビーン# イージーパンツ# パジャマ
更に読み込む