それは禁断の着心地……愛さずにはいられない「楽な服」! Vol.59
2020.04.27
FASHION

プリーツの数だけカラダが甘える!? イッセイ ミヤケの動けるモード服

今やモードのアイコンのひとつとなったイッセイ ミヤケのプリーツ使い。

表情の美しさもさることながら、袖を通したときに感じられる、えも言われぬ開放感がその定評の由縁だ。だってこんなに動けるモード、ないでしょ!?

 

オム プリッセ イッセイ ミヤケがクセになる理由

「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」のジャケット&パンツ
ジャケット4万2000円、パンツ2万2000円、Tシャツ9000円/すべてオム プリッセ イッセイ ミヤケ(イッセイ ミヤケ 03-5454-1705)、スニーカー1万2000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」のジャケット&パンツ
着丈が短めの2Bジャケットと、テーパードパンツのセットアップ。パンツは部位によってプリーツのピッチを変えた、表情豊かな仕上がり。それにしても特筆すべきは、この絶妙なゆとりだ。

肩肘張らず、ルーズにもならず、プリーツとドレープが映えるグッドバランス、奇をてらわずにシンプルに着るのが正解。

 

どんなグラフィックより絵になる無地T/オム プリッセ イッセイ ミヤケ
1万2000円/オム プリッセ イッセイ ミヤケ(イッセイ ミヤケ 03-5454-1705)

どんなグラフィックより絵になる無地T
何てことない半袖のTシャツ型だと、プリーツの質感がさらに際立つから面白い。

 

ニュアンスカラーのカーディガンはボタンも同色に。/オム プリッセ イッセイ ミヤケ
2万3000円/オム プリッセ イッセイ ミヤケ(イッセイ ミヤケ 03-5454-1705)

薄着のレイヤードのマンネリ打破に
ニュアンスカラーのカーディガンはボタンも同色に。

 

ベルトループ付きのスラックスは程良いテーパードがキモ。/オム プリッセ イッセイ ミヤケ
2万1000円/オム プリッセ イッセイ ミヤケ(イッセイ ミヤケ 03-5454-1705)

色も素材も軽やかで季節感たっぷり
ベルトループ付きのスラックスは程良いテーパードがキモ。

NEXT PAGE /

三宅一生が表現する「自由」と「ユーモア」

ビッグシルエットの快適さをどれだけ実感しても、やっぱり大人のワードローブには過不足のないゆとりとキレイなシルエットが欠かせない。それを裏付ける証拠のひとつが、洒落者たちから続々と挙がっているイッセイ ミヤケ再評価の声だ。

オム プリッセ イッセイ ミヤケの2020年春夏コレクションは「AFRICAN RHYTHM」をテーマに掲げ、「自由」と「ユーモア」を表現。
オム プリッセ イッセイ ミヤケの2020年春夏コレクションは「AFRICAN RHYTHM」をテーマに掲げ、「自由」と「ユーモア」を表現。パリでのショーではダンスやパフォーマンスを交えてアクティブさをアピールしていた。 © 2019 ISSEY MIYAKE INC.

彼らの視線の先にあるのは、三宅一生さんが生んだ傑作デザインのひとつ、プリーツが活きたアイテムたち。軽量なポリエステル地を使い、裁断・縫製後に特殊な加工を施した“製品プリーツ”というこの技法、実は加工前の洋服は最終形の約1.5倍もの大きさで製作されている。

それがプリーツによって縮まり美しいシルエットを描いているワケだが、元はかなりワイドで、プリーツに伸縮性もあることを考えれば、まだ着たことがなくともいかにストレスフリーか想像できるはず。

コレクションではフットボールをしたり、まるでパルクールのように走ったりと、大胆に動くことでその魅力をストレートに表現していたのが印象的だった。今季でいえばTシャツやカーディガンなど、普遍的なスタイルもさらに充実してきただけに、無理せず洒落たい大人たちがオム プリッセの恩恵に預かりっぱなしになるのも必然だろう。

 

西崎博哉(MOUSTACHE)、河津達成(S-14)、渡辺修身=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介、星 光彦、平野俊彦=スタイリング yoboon(coccina)、MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司、増山直樹、今野 壘、谷中龍太郎、菊地 亮、増田海治郎=文

# イッセイ ミヤケ# プリーツ
更に読み込む