新型コロナに負けるな!「ファッションの力」 Vol.22
2020.04.20
FASHION

デニムで、レザーでマスクを作った人気ブランド。“捨てない”がマスク不足の一助に

新型コロナに負けるな!「ファッションの力」とは…

世界の日常を一変させた新型コロナウイルスの猛威。収束の兆しがまだ見えないなか、慢性的に不足しているマスク。

その支援活動を日本が誇るブランドたちも行なっている。しかも、ファッションの楽しさも同時に忘れない方法で。

36時間でソールドアウト。間もなく第二弾!

まずは、“モードとリアルクローズの融合”を体現してきた「ファクトタム」。彼らはなんと、得意とするデニムでマスクを作った。

ファクトタムが作ったデニム地のマスク
上から、ブラック、インディゴ、ホワイト。※製品は、白以外はゴムが黒になります。

聞けば、生地は、世界を代表するデニム産地・岡山県児島のデニム。これがホワイト、もしくはインディゴとブラックの2枚1組で封入される。

もちろん、タフなデニム生地だから洗って何度でも使えるし、むしろ長く使ったほうが、経年変化が楽しめる。

マスク1枚に対して、オーガニックコットン製のガーゼ2枚が付属する。ポリウレタンが混紡されているため伸縮性もあって、着け心地は快適。インディゴとブラックの2枚組、もしくはホワイトの2枚組。各3000円/ファクトタム(ファクトタム ラボ ストア 03-5428-3434)

こちらは完全受注生産。4月上旬に受付を開始したところ36時間で上限の600枚を超えたため、すぐさま締め切られた。第二弾の受注を現在受け付け中だ。

NEXT PAGE /

洗えるレザー。だから全然ハードじゃない

ブランドの強みを生かした日本メイドのマスクはほかにもある。職人気質なレザー小物が世界中のバイヤーを唸らせている「T.A.S(ティーエーエス)」は、その“レザー愛”が詰まったウォッシャブルレザー製のマスクを発売。

職人気質なレザー小物が世界中のバイヤーを唸らせているT.A.S(ティーエーエス)は、その“レザー愛”が詰まったウォッシャブルレザー製のマスクを発売。

レザーと聞くと「呼吸できるの?」と思いきや、こちらは細かなプリーツ加工を施しているから息苦しさは一切なし。むしろ、デニム同様使い続けることで味のある風合いが増して、自分の顔にもフィットしていく。

細かなプリーツ加工は洗濯を繰り返すことで取れてくるが、レザーも柔らかく変化するため、心地よく着けられるという。4000円/T.A.S(ティーニーランチ 03-6812-9341)

しっとりと柔らかなピッグレザーは、何度も洗濯ができるため衛生面の心配もない。ちなみにこちらは4月中旬に販売をスタートしたばかり。受注生産ではないが、品薄になった場合は増産する可能性もあるという。

 

デニムやレザーは使い続けることで愛着が湧くもの。その考えをマスクへと転用させたアイデアは、世界的なマスク不足の大いなる助けとなるはずだ。

 

[問い合わせ]
ファクトタム ラボ ストア
03-5428-3434
オンラインショップはこちら

ティーニーランチ 
03-6812-9341
オンラインショップはこちら 

新型コロナに負けるな!「ファッションの力」
ファッションは気持ちをポジティブに変換するエネルギー。だからオーシャンズはファッションが好きなのだ。猛威を振るう新型コロナウイルスにも、ファッションは果敢に立ち向かう。自分たちの出来ることを見つけてアクションを起こすブランドやショップをリスペクト。そうした動きを少しでも多くの人に届けるために、オーシャンズは「ファッションの力」を記録する。上に戻る

長谷川茂雄=文

# デニム# マスク# レザー
更に読み込む