新型コロナに負けるな!「ファッションの力」 Vol.14
2020.04.12
FASHION

「企業よりも公共の利益を優先すべき」というヘルノCEOが取ったアクション

新型コロナに負けるな!「ファッションの力」とは…

北イタリアはピエモンテ州にある小さな町、レーザ。レインウェアから始まった人気ブランド「ヘルノ(HERNO)」の故郷である。

新型コロナウイルス拡大防止のため、この地でも基本的にすべての生産活動は禁じられているが、ヘルノは、地元警察の許可を得たうえで、必要最低限の生産を行なっている。

新型コロナウイルス拡大防止のため、この地でもすべての生産活動は禁じられているが、ヘルノは、地元警察の許可を得たうえで、必要最低限の生産を行なっている。

作っているのは、白衣とマスクである。

「イタリア国民として私は、企業収益を含むあらゆることを二の次にして、公共の利益を優先させなければならないと考えています」とは、ブランドのCEOを務めるクラウディオ・マレンツィ氏だ。

その声に同意したスタッフは安全を確保できる最低限の人数でローテーションを組み、白衣とマスクの生産を開始。それによりヘルノは、地元ピエモンテ州の医療機関で働く医師たちへの寄付を表明した。

このムービーにはその様子が収められている。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

“…Claudio Marenzi pone spesso l’accento sul termine “internalizzare”. Significa far crescere le persone all’interno della struttura aziendale. Significa ricavare dall’interno quello di cui c’è bisogno al momento, per accorgersi che qualora il tiro dovesse essere aggiustato, la direzione è quella giusta per il futuro prossimo.” “In Flumine Est Vita”, Giugno 2018 • Ritengo, da cittadino italiano, che una crisi di questa portata debba porre il bene comune davanti a tutto il resto, guadagno compreso. Ringrazio le mie sarte, ed il mio staff produttivo che, a rotazione e con un lavoro svolto esclusivamente a mano, non avendo noi macchinari in questa sede, lavorano per donare camici e mascherine ai medici degli ospedali piemontesi, adoperandosi con la stessa dedizione di quando hanno fra le mani tessuti preziosi. Perché quando cambi strada, anche momentaneamente, per una buona causa, sei sempre nella direzione giusta.“ Claudio Marenzi, Lesa 25 marzo 2020 • “Claudio Marenzi often highlights the term “internalising”. It means helping the staff to grow within the business structure. In other words, it’s about getting what is needed, when it is needed, from an internal source, and to realise that whatever the adjustment, the direction is the right one in the near future.” “In Flumine Est Vita”, June 2018 • “As an Italian citizen, I believe that a crisis of this magnitude must put the common good before everything, including profit. I want to thank my seamstresses, and my production staff that today, in rotation and working exclusively by hand, since we don’t have the machinery here, work incessantly to donate white coats and masks to the doctors of the hospitals in the Piedmont area; working with the same dedication as when they have precious fabrics in their hands. Because when you change your way, even just momentarily, for a good cause, you are always heading in the right direction.” Claudio Marenzi, Lesa 25 march 2020

Herno(@herno_official)がシェアした投稿 –

 

「彼らの仕事にかけるひたむきさは、貴重な布地を手にしたときのものと何ら変わりがありません。休みなく働いてくれているヘルノの縫製担当者や製造スタッフに、心からの感謝の意を表したい」。

クラウディオ・マレンツィ氏の言葉とブランドの動きに、ヘルノの実直な側面が滲み出る。

新型コロナに負けるな!「ファッションの力」
ファッションは気持ちをポジティブに変換するエネルギー。だからオーシャンズはファッションが好きなのだ。猛威を振るう新型コロナウイルスにも、ファッションは果敢に立ち向かう。自分たちの出来ることを見つけてアクションを起こすブランドやショップをリスペクト。そうした動きを少しでも多くの人に届けるために、オーシャンズは「ファッションの力」を記録する。上に戻る

# ヘルノ# マスク# 医療支援
更に読み込む