それは禁断の着心地……愛さずにはいられない「楽な服」! Vol.11
2020.04.08
FASHION

種市さんが好きな逃げ得服。楽なのにキマる理由を本人のコメントで

人気連載「種カジのタネあかし」では、いつもリラックスしているのに大人っぽいスタイルを披露。いわば“逃げ得”のスペシャリストである種市暁さんはどんな服に頼っているのか?

彼の琴線に触れたものを、使えるポイントとともに。

 

「ハラダマニア」のシャツ&コート

「ハラダマニア」のシャツ
2万1000円/ハラダマニア(ビームス ライツ 渋谷 03-5464-3580)

「このバティック柄のシャツは、内側にパスポートやトラベルポーチなどが入るポケットを多数備えています。貴重品を常に隠し持っておきたい旅などを想定したとのこと。でもシャツイチの季節、僕は街使いでも重宝していますね。

「ハラダマニア」のコート
2万7000円/ハラダマニア(ビームス ライツ 渋谷 03-5464-3580)

そして同じブランドのコートはリネン製。ガウンのような色気ある見た目でいて着心地は爽快なのがバツグンに好み!」。

 

「グイディ×ノンネイティブ」のブーツ

「グイディ×ノンネイティブ」のブーツ
種市さん私物

「見た目、すごく重みがあっていいでしょ? ライトな装いに合わせれば、カジュアルにズシッと箔がつくと思います。でも、スエードのホースレザーは柔らかくストレスを感じさせず、しかもジップ付きで脱ぎ履きもラク。そしてビブラムソールでグリップも利いている。黒とブラウンを手に入れました。超・超再販希望!」。このブーツについてノンネイティブ・藤井隆行さんと行ったマニアックなトークも必見です。

NEXT PAGE /

「グラフペーパー」のカーディガン

「グラフペーパー」のカーディガン
2万8000円/グラフペーパー 03-6418-9402

「Tシャツにさらっと羽織るだけで大人な雰囲気が出るためカーディガンは必須。ウールなどの暑いものじゃなく、春用はないかと探していたら見つけたのがコレ。品質のいいスビンコットンによる滑らかなタッチで、ゆったりとしたシルエットがツボ! 黒を1枚買ったらドはまりして、グレーもゲット」。

 

「リック・オウエンス」のパンツ

「リック・オウエンス」のパンツ
7万3000円/リック・オウエンス(イーストランド 03-6712-6777)

「このブランドのパンツは数種類持っていますが、どれもユルさがありながら上質な素材でドレープ感豊かでエレガンスもあるんです。特にこの七分丈パンツはモード×部屋着なリラックス感がたまらず、春から秋にかけてヘビロテ。これからの季節はビーサンなども合います」。

 

「エイチ ビューティ&ユース」のスウェットパンツ

「エイチ ビューティ&ユース」のスウェットパンツ
種市さん私物

「いろいろと試しましたが、スウェットパンツは僕の中で原点回帰の傾向です。例えば“エイチ”のオリジナルのように、形はストレートで生地は厚手、裾はゴム仕様になっているもの。このオールドスクールな姿、今ではあまり見なくなったなと思いますが、それすなわち新鮮にはけるということ。意外なところに伏兵が!」。

NEXT PAGE /

「ジョンリンクス」のパーカ

「ジョンリンクス」のパーカ
2万5000円/ジョンリンクス 03-6451-2818

「レディスブランドであるジョンリンクスのパーカに、福岡のショップ、トラリがメンズサイズを別注したものです。ラフなスウェット素材なのですが、品のある色みとカットした深いVネックが大人の色気満点。わずかなアレンジだから手に取りやすいのもポイント高めですね」。

 

「サンスペル × ビームス」のTシャツ

「サンスペル × ビームス」のTシャツ
1万6000円/サンスペル × ビームス(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)

「もうすぐTシャツが主役となる季節ですが、毎年探す“1枚でキマるヤツ”の2020年グランプリがこれ。仕上げに起毛されたカーボン・ブラッシュド・コットンの柔らかな肌触りと、ゆったりとしたシルエットがパーフェクト。肉厚な感じもなお良し」。

 

2005-072
「オリジナル チャコール」のハット
「オリジナル チャコール」のハット
「休日に髪をセットするのが面倒で(笑)。だから、被りものはいつも手元にスタンバイさせており、チャコールのバケットハットはその常連。クラウンが深めでツバが短め、この絶妙なバランスが洒落ている。ブラックがいちばんいろんな服に合うかなぁ」。[上][中]各7000円、[下]8000円/ともにオリジナル チャコール(チャコール トーキョー 03-6432-5267)
「マイキータ」のサングラス
「マイキータ」のサングラス
「もう47歳、老眼にもなりますよそりゃ。そこでマイキータのサングラスにリーディングレンズを設えました。使わないときに首元に掛けておけば、アクセ的な役割も果たしてくれるんです。読むのが楽な老眼鏡が洒落た薄色サングラスって、僕にとっては“逃げ得”のひとつかな、と。ぜひ試してほしいですね」。種私物
「リーガル × ノンネイティブ フォー B印 ヨシダ」の靴
「リーガル × ノンネイティブ フォー B印 ヨシダ」の靴
「見た目はシックなスエードのスリッポンなのですが、ゴアテックス仕様&ビブラムソールで蒸れずにタフに履ける。僕はショーツやスウェットパンツのカジュアルアップにも使いますし、なんならスーツにもハマる。まさに万能靴!」。3万7800円/リーガル × ノンネイティブ フォー B印 ヨシダ(B印 ヨシダ 成田空港第1ターミナル 0476-32-6226)
「オリジナル チャコール」のハット
「マイキータ」のサングラス
「リーガル × ノンネイティブ フォー B印 ヨシダ」の靴

 

このほか、種市さんがリピート買いするユニクロのニットについてムービーもチェックしてみてくださいな!


 

鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介、星 光彦、平野俊彦=スタイリング 髙村将司、増山直樹、今野 壘、谷中龍太郎、菊地 亮、増田海治郎=文

# ノンネイティブ# 楽な服# 種市暁
更に読み込む