センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.52
2020.03.24
FASHION

カラー、サイズ、柄。大人カジュアルを実践する男たちの自分的なツボって?

あれもこれもと盛りすぎスタイルを好んだ時代もあった。憧れのスターを真似ては、必死に背伸びをしたこともあっただろう。しかし年齢を重ね、我々は渋みの似合ういい大人になった。

ならばいま目指すべき「大人カジュアル」とは等身大のスタイルではないだろうか。そんなありのままを楽しむセンスのいい男たちを紹介しよう。

 
NONNATIVE ノンネイティブ
“どこにも属さない”というブランド名のとおり、1999年のスタート以来、国やテイストに縛られない東京発信の服を表現。2020春夏では、1980〜’90sの変化をテーマに中間色を多用する。

何も考えずに着られる、外せないデイリーウェア

硫化染めタイプライター生地のコートを、「大事なデイリーウェア」のタイトフィットパンツに合わせている。足元は「グイディのジップアップブーツが落ち着きます」。
コート6万5800円、Tシャツ1万3800円/ともにノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、その他すべて私物

株式会社コスモ・コミュニケーションズ 東山貴広さん Age 43
ブランド創設時から、ノンネイティブを愛用している東山さん。硫化染めタイプライター生地のコートを、「大事なデイリーウェア」のタイトフィットパンツに合わせている。足元は「グイディのジップアップブーツが落ち着きます」。

変化も一緒に楽しめる数少ない家族のような服

ウエスタンライクなショート丈のコートもそのひとつだ。
ジャケット5万4800円、Tシャツ1万2800円、パンツ3万2800円、ブーツ6万5800円/すべてノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、その他すべて私物

株式会社ビームス コミュニケーションディレクター 土井地 博さん Age 42
ノンネイティブは、「自分の感覚に寄り添ってくれる数少ないブランド」だと語る土井地さんは、毎シーズン何かしらに袖を通す。ウエスタンライクなショート丈のコートもそのひとつだ。「説明不要で馴染む感じが好きですね」。

NEXT PAGE /

DELUXE デラックス
2003年にスタート。アメリカンカジュアルをベースにしながら、東京らしい解釈で普遍的な男のスタイルを追求している。今季は1980年代のニューウェーブから着想を得たデザインを展開。

今も昔もデイリーに着ている愛すべきブランド

念願かなってコラボレートした九分丈のサテン地パンツが最近のお気に入り。ちなみにミッキーのスウェットは、オーシャンズとのコラボから生まれた。
スウェット2万4000円/デラックス、パンツ2万8000円/デラックス×エヴィセン(ともにデラックス 03-6805-1661)、その他すべて私物

エヴィセン スケートボード ライダー/ディレクター/フィルマー 南 勝巳さん Age 39
「原宿のスケートショップで働いていた14〜15年前からデラックスを愛用し続けている」と言う南さん。念願かなってコラボレートした九分丈のサテン地パンツが最近のお気に入り。ちなみにミッキーのスウェットは、オーシャンズとのコラボから生まれた。

 

一年中、自分のシルエットバランスは変わりません

デラックスのスウェットは、「形が好き」で愛用中。15足も所有しているというサンローランのサイドゴアブーツを合わせるのもマイ・ルール。
スウェット1万8000円、Tシャツ1万1000円、パンツ1万8000円/すべてデラックス 03-6805-1661、靴は私物

フリープランナー 神谷 龍さん Age 31
多くのブランドのプランニングを手掛ける神谷さんは、「身幅が広いスウェットにタイトなパンツがいつもの格好」。デラックスのスウェットは、「形が好き」で愛用中。15足も所有しているというサンローランのサイドゴアブーツを合わせるのもマイ・ルール。

NEXT PAGE /

GRAPHPAPER グラフペーパー
コンセプトショップのオリジナルブランドとして、2015年に青山でスタート。素材作りからこだわり抜いたラインナップは、常にスタンダードと今の空気感を絶妙なさじ加減でブレンドしている。

サイズ感も素材感も納得できる“名品”に出会えるお店

ブロードのバンドカラーシャツに、旧式織機で織られたウール製のストライプ柄コートをさらりと羽織る。
コート10万8000円、シャツ2万5000円、パンツ2万8000円/すべてグラフペーパー 03-6418-9402、その他すべて私物

アパレル会社 代表取締役社長 淺田茂夫さん Age 66
アパレル業界に40年以上籍を置く淺田さん。「グラフペーパーは、サイズ感も素材感も自分好みの数少ないブランドです」。ブロードのバンドカラーシャツに、旧式織機で織られたウール製のストライプ柄コートをさらりと羽織る。

NEXT PAGE /

SATURDAYS NYC サタデーズ ニューヨークシティ
2009年に設立。ベーシックななかにトレンドを組み込んだ洗練されたニューヨーク発のカジュアルを提案。今春は1970〜’80sのサーフスタイルをモチーフにした、クラシックな柄や色使いが目を引く。

柄シャツにも品があるのが自分的にはツボなんです

今年のプレスプリングコレクションの核となるムーンフラワープリントの開襟シャツを、スウェットパンツに合わせた種市さん。
シャツ2万2000円、パンツ1万7000円、靴3万2000円/すべてサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、その他すべて私物

フリープランナー 種市 暁さん Age 47
今年のプレスプリングコレクションの核となるムーンフラワープリントの開襟シャツを、スウェットパンツに合わせた種市さん。「遊び心のなかに品があるのがサタデーズの良さ」だと言う。足元はスウェットでも革靴が基本だ。

 

気が付くとつい選んでしまう自分のテーマカラーはオレンジ

「昔からオレンジが好き」と言う池内さんが袖を通すのは、重みのあるナイロンを使用したウインドブレーカー。
ブルゾン3万9000円、ニット1万8000円/ともにサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、その他すべて私物

俳優 池内博之さん Age 43
「昔からオレンジが好き」と言う池内さんが袖を通すのは、重みのあるナイロンを使用したウインドブレーカー。「休日にSUPをするのに鎌倉の海に出かけるときも、ビビッドなジャケットを羽織ることが多いですね」。

 

2004-114
エヴィセン スケートボード ライダー ローレンス・キーフさん Age 32
エヴィセン スケートボード ライダー ローレンス・キーフさん Age 32
ヴィンテージのようなワイドシルエットのシャツジャケットを、太めのチノパンでワイルドに着こなしているローレンスさん。「数年前までスケートをするときもタイトなスタイルでしたが、今はデラックスのオーバーサイズが気分ですね」。ジャケット2万4000円、中に着たTシャツ1万2000円、パンツ1万8000円/すべてデラックス 03-6805-1661、その他私物
JTQ Inc. 代表取締役/スペースコンポーサー 谷川じゅんじさん Age 54
JTQ Inc. 代表取締役/スペースコンポーサー 谷川じゅんじさん Age 54
究極の綿として名高い“スビンゴールド”で編み上げたニットに袖を通す谷川さん。「素材は上質でもデザインはやりすぎない美意識がある」。グラフペーパーの服は、所有するあらゆるメガネとの相性も抜群にいいとのこと。ニット2万6000円、Tシャツ[2枚セット]1万4000円、パンツ3万2000円/すべてグラフペーパー 03-6418-9402、その他すべて私物
ayame デザイナー 今泉 悠さん Age 36
ayame デザイナー 今泉 悠さん Age 36
自身が手掛けるアイウェアも「ミニマルな表現を突き詰めている」と言う今泉さん。そこはサタデーズの服との共通項。「いつでも羽織れるから便利」な黒トレンチと数年前に購入したリペアデニムが、今春の定番服だ。コート4万2000円、Tシャツ6000円/ともにサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、その他すべて私物
フリーランス 関川 良さん Age 28
フリーランス 関川 良さん Age 28
サーファーの関川さんが今気になるのは、バブアーが誇るクラシックなジャケット「インターナショナル」のスナップボタンを黒に変更したコラボモデル。「この味わいのある風合いと、ストイックな表情がたまりません」。ジャケット6万5000円/サタデーズ ニューヨークシティ×バブアー、Tシャツ6000円、パンツ2万2000円/ともにサタデーズ ニューヨークシティ(すべてサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033)、スニーカーは私物
エヴィセン スケートボード ライダー ローレンス・キーフさん Age 32
JTQ Inc. 代表取締役/スペースコンポーサー 谷川じゅんじさん Age 54
ayame デザイナー 今泉 悠さん Age 36
フリーランス 関川 良さん Age 28

 

田邊 剛、山本雄生=写真 梶 雄太=スタイリング AMANO=ヘアメイク(池内博之) 長谷川茂雄=編集・文

# サタデーズ ニューヨークシティ# デラックス# ノンネイティブ# 大人カジュアル
更に読み込む