2020.03.18
FASHION

とある革命集団とベドウィンが作った、ハイテクなツイードの春アウター

生地に革命を起こすオランダのテキスタイルスタジオ「バイボレ(BY BORRE)」。昨年、ゴアテックス社との協業を発表して話題を集めた彼らは、業界で「生地自体をデザインする集団」と呼ばれる存在だ。

そんなバイボレが手掛けるテキスタイルブランド「バイボレ インサイド(BY BORRE INSIDE)」に、TOKYOブランドの代表格、ベドウィン & ザ ハートブレイカーズが生地を別注。それを使ったカプセルコレクションが3月20日(金)にローンチする。

ブルゾン7万2000円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)

展開する2アイテムから、まずはMA-1タイプのブルゾンを見ていこう。真っ先に目がいくのは、幾何学的でどこかトライバルな印象の編み柄。これは“ベドウィン”にとって重要な素材であるツイードに着想を得たもので、両ブランド曰く「8ビットのツイード」である。

“生地に革命を起こす”存在が8ビット? と訝るなかれ。中身は超最新で、ヨーロッパ最大のナイロンメーカー「ニルスター(Nylster)」社が開発した、軽量でタフ、そして伸縮性に優れたメリルハイドロゲン糸をプレミアムコットンに混紡した新素材。これがナチュラルなドレープとボリュームを作り出し、モードな雰囲気すら漂わせている。

続いてはテーラードジャケットだが、こちらも独特な落ち感がユニーク。こちらのピンクはプレミアムコットンだけで仕立てることで、適度なハリを持たせているのが特徴だ。

ジャケット6万8000円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)

ちなみに色名は、ネイビーが「グレープ」でピンクが「ウォーターメロン」。こうした遊び心にも、センスを感じてしまう。

最初に紹介したブルゾンもジャケットも、それぞれ両色展開。先述のように素材もわずかに違うため、印象も結構変わってくる。

[左]ブルゾン7万2000円、[右]ジャケット6万8000円/ともにベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)

ヘリテージにリスペクトを送りながらも、全然違う解釈でアップデートして、新しい価値を作り出す。これは“ベドウィン”を筆頭とした東京のストリートブランドの得意技だ。

それによって、ツイードという定番素材はまったく違うルックスを手に入れた。では着心地のほどは……店頭で確認されたし。

 

[問い合わせ]
ザ・ハートブレイカーズ
03-6447-0361

# バイボレ# ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ
更に読み込む
一覧を見る