センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.5
2020.03.08
FASHION

キレイめもスポカジもご自由に。カーキ&オリーブの万能スタイル術

キレイめでも、はたまたアメカジ・スポカジでも使えちゃう男の基本色、カーキ&オリーブのスタイル術!

自由に楽しむグッドサンプルをご紹介。

 

キレイめスタイルで

カーキ&オリーブのジャケパンでもキレイめスタイルは成立。
ジャケット5万2000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、シャツ3万6000円/イートウツ フォー スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、パンツ2万4000円/セラドア(ワイルド ライフ テーラー 0120-298-133)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山 03-5766-6688)

セットアップでなくても、こうしたカーキ&オリーブのジャケパンでもキレイめスタイルは成立。上品カジュアルの常套色であるブラックやグレー、ネイビーでまとめるより、ウンと新鮮な印象でしょ?

⇒ビームス プラスのマーチャンダイザー・長谷部さんによるセットアップのコーデはコチラ

アウトドアスタイルで

自然のフィールドにはビビッドな彩りが映えるけど、街で着るアウトドアカジュアルなら派手に見えない合わせのほうが断然洒脱だ。
ジャケット2万7000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス マウンテン 03-5466-9278)、ニット2万4000円/ヤシキ(アルファ PR 03-5413-3546)、Tシャツ2万1000円/マディソンブルー 03-6434-9133、パンツ2万7000円/アンドワンダー 03-5787-3460、スニーカー2万1000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、ニットキャップ1万円/ロンハーマン 03-3402-6839

自然のフィールドにはビビッドな彩りが映えるけど、街で着るアウトドアカジュアルなら派手に見えない合わせのほうが断然洒脱だ。シックなムードの黒を取り入れれば、アースカラーが主役でもネイチャーに寄りすぎず、都会的に。

NEXT PAGE /

アメカジスタイルで

ことにアメカジはカーキ&オリーブと親和性が高いだけに、思いきって全身で取り入れてもトゥマッチにならず、むしろ洒落て見える。
ジャケット3万6000円/ファッチーズ(シック 03-5464-9321)、シャツ2万1000円/ディストリクト(ディストリクト ユナイテッドアローズ 03-5464-2715)、カットソー1万9000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3531)、パンツ2万9000円/ベルウィッチ(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、靴2万3000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)

ことにアメカジはカーキ&オリーブと親和性が高いだけに、思いきって全身で取り入れてもトゥマッチにならず、むしろ洒落て見える。こんなふうにチェックシャツで双方の色を拾うと、いっそうのまとまりが生まれ、より完成度もUP。

 

スポカジスタイルで

実は意外と少ないのが、カーキ&オリーブでのスポカジ実践者。
ジャケット7万2000円、パンツ3万4000円/ともにテアトラ×ビームス(ビームス 原宿 03-3470-3947)、カットソー8500円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、スニーカー2万円/イノヴェイト(デサント トウキョウ 03-6804-6332)

実は意外と少ないのが、カーキ&オリーブでのスポカジ実践者。なぜかアクティブ系では、この色のアイテムが思いのほか売ってないのが理由なんだけど、ご覧とおりセットアップでキメると最高に格好いいし、周囲とも差がつくのだ。

 

比嘉研一郎、恩田拓治、志賀シュンスケ、鳥居健次郎=写真 増田海治郎、髙村将司、いくら直幸、増山直樹、菊地 亮=文 長谷川茂雄、今野 壘、大関祐詞=編集・文

# アメカジ# オリーブ# カーキ
更に読み込む