センスがいい男たちと考察! 「大人カジュアル」ガイドブック Vol.4
2020.03.05
FASHION

オシャレ偏差値急上昇。男の基本色「カーキ&オリーブ」はこう着こなせ!

合わせるカラーを問わず、また男っぽいカジュアルスタイルにもキレイめな装いにも取り入れやすいカーキ&オリーブ。

この男の基本色を日頃から多用している達人、ビームス プラスのマーチャンダイザー長谷部さんが実践する着こなしのコツとは?

 

着るだけでサマになる男の基本色

「インディゴデニムのネイビー、チノのカーキ、軍パンのオリーブは男の基本カラーであり、あらゆる色とマッチします。幅広いスタイルにシフトできる万能性が魅力です。カーキもオリーブも、非常に懐が深い色なので小難しく考える必要がなく、ただ着るだけでサマになる。

ですから、着こなしのコツもない。ただ強いて挙げるなら、カーキは膨張色なので品良くスタイリッシュに見せたいときは、ややタイトフィットを選んだり、ダークトーンを合わせて引き締めます。また上下オリーブだと本気のミリタリー感が強くなるため、どちらか一方に取り入れることが多いですね」。

武骨になりすぎないよう、男っぽい軍パンにはクリーンなアイテムを合わせるのが長谷部流。
ビームス プラス 長谷部慎之介さん 1975年、愛知県生まれ。大学時代に地元・名古屋のビームスで販売員となり、大阪&東京の各店を渡り歩いたのち、2018年からマーチャンダイザー。古書店巡り&30代からスタートしたサーフィンが趣味であり、14歳の息子と8歳の娘を持つ父でもある。 ブルゾン5万円/バラクータ×ビームス プラス、ニット1万2000円/ビームス プラス、パンツ1万8000円/サージュデクレ×ビームス プラス、上のバングル6万8000円/ジェニファー・カーティス、下のバングル4万8000円/ジェニファー・カーティス×ビームス プラス(すべてビームス プラス 原宿 03-3746-5851)

春色コットンニットで品の良さ&季節感をプラス

武骨になりすぎないよう、男っぽい軍パンにはクリーンなアイテムを合わせるのが長谷部流。またカーキ&オリーブは通年で使える色=特定の季節に偏ったイメージを持たないので、トップスや靴で四季の味付けを。

モカシンの素足履きで大人感、清涼感、軽快感を

こちらのスタイルでは爽快カラーのコットンニットがそれにあたる。足元も同様、スニーカー以上ドレスシューズ未満のモカシンを素足で履いて、涼しげで軽やかな春らしいムードを添えている。

カーキのセットアップでキレイめスタイルに。
ジャケット3万円、ポロシャツ9800円、パンツ1万6000円/すべてビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)

ややタイトな合わせで膨張色を引き締め!

カーキのセットアップでキレイめスタイルに。ただし前述したとおりカーキは膨張色なので上下で揃えると太って見えたり、ボヤけた印象になることも。そこで、全体的にタイトめのシルエットを選択。

ボヤけて見えないよう濃色で引き締め!

さらにダークトーンのアイテムでメリハリをつけると、凛と引き締まった装いに仕上がる。ちなみにモードっぽくまとめるならブラックを、トラッドな雰囲気にまとめるならネイビーを合わせるといいのだとか。

 

比嘉研一郎、恩田拓治、志賀シュンスケ、鳥居健次郎=写真(取材) 増田海治郎、髙村将司、いくら直幸、増山直樹、菊地 亮=文 長谷川茂雄、今野 壘、大関祐詞=編集・文

# アメカジ# オリーブ# カーキ# ビームス
更に読み込む