2020.02.24
FASHION

この猿は! この恐竜は! 裏原系ストリート世代が二度見する意外なコラボ

カレッジ系デザインのスウェットのセンターを飾るのは、ア ベイシング エイプ®(A BATHING APE®)のシンボルである「エイプヘッド」。1990年代に青春を謳歌したストリートファッション世代には説明不要の存在だ。

例のスウェットを着ているこの子はもしや……。スウェット3万円、バッグ3万5000円、キャップ1万3000円/すべてア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)

その上に入っている文字は「COACH」。ん? と思って脇に抱えたバッグのモノグラムを見てはっ! とする。あのコーチじゃないか! と。

それを持つ女の子は……Kōki,じゃん! 父親はそう、’90年代のストリートファッション・アイコン、木村拓哉さんだ。

二度見どころか四度見くらいしてしまいそうな組み合わせ。これは、2月22日(土)に発売されたコーチとア ベイシング エイプ®のコラボレーションライン「ア ベイシング エイプ® × コーチ」のキャンペーンビジュアルである。

キャンペーンの男性モデルは、Kōki,と同じく俳優、モデルや音楽家として活躍するクインシー・ブラウン。[左]ジャケット9万円、スニーカー3万6000円。[右]Tシャツ1万3000円、スニーカー3万6000円、バッグ6万円/すべてア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)

ラグジュアリーとストリート。ファッションの両極で確立されたコーチとエイプのシンボルが融合したコレクションは、それぞれのブランドのホームであるニューヨークと東京の特徴である多様な個性を表現している。

エイプヘッドのロゴをクロスさせたコーチのシグネチャー パターンは、カモフラージュ、カーキ、レインボージャカードの3種類がそれぞれのアイテムに配されており、各ブランドの見慣れたアイテムに配された見慣れぬパターンが新鮮な驚きをもたらしてくれる。

NEXT PAGE /
Bape×Coarch ギャラリー
パーカ5万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
パーカ5万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
スニーカー3万6000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
スニーカー3万6000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
バッグ8万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
バッグ8万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
パーカ5万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
スニーカー3万6000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)
バッグ8万5000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)

特に注目のアイテムが、全面にエイプヘッド ロゴのシグネチャー パターンがあしらわれた印象的なフーディ、ベイプスタ ロゴの誕生20周年モデルでもあるスニーカー 、そしてレインボージャカードのパターンで彩られたバックパックだ。

また、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、パリ、ロンドンの5都市での取り扱いとなるTシャツは、都市ごとに独自のカラーパレットを採用。東京は上の写真でKōki,が着用している鮮やかなブルーを限定カラーとして発売する。

こちらはeコマース限定カラーのネイビー。Tシャツ1万3000円/ア ベイシング エイプ® × コーチ(コーチ 0120-556-750)コーチ 0120-556-750

ニューヨークと東京。ともに世界中からさまざまな人が集まり、国際的なファッション発信地でもある2つの街から生まれたブランドが創り出した唯一無二のクリエイション。

約1万kmの距離を超えたこのコラボは、大人になった我々にこそ最適な個性を、もたらしてくれそうだ。

 

[問い合わせ]
コーチ・カスタマーサービス・ジャパン
0120-556-750
www.coach.com

# A BATHING APE® X COACH# ア ベイシング エイプ# コーチ
更に読み込む