みんなの“欲しいモノ”を徹底特集! 「2020年、これ始めます」カタログ Vol.57
2020.02.20
FASHION

直感で着るバスキアにエゴン・シーレ。アートをクールに楽しむ8ピース

勝手に深読みしたくなるのも、アートの魅力ですから。各々の解釈でOK! 前回に引き続き、アート好きが滲み出る「趣味嗜好服」を紹介。

 

「河村康輔」×「ビームスT」のパーカ

「河村康輔」×「ビームスT」のパーカ
1万円/ビームスT 原宿 03-3470-8601

世界一有名であろう“微笑”を、アーティスト河村康輔氏が再構築。コラージュによって上下に分かれた肖像画は、彼女の神秘性を暗示?それとも、表情の多方向性を示唆?勝手に深読みしたくなるのも、アートの魅力ですから。

 

「ワコマリア」×「バスキア」のシャツ

「ワコマリア」×「バスキア」のシャツ
3万5000円[4月発売予定]/パラダイス トウキョウ 03-5708-5277

ハワイアンシャツをキャンバスに見立て、ご存じバスキアの名刺代わりのグラフィティを。ポケットと身頃の柄を繊細に合わせることで、見事な絵画が完成した。

 

「サンスペル」のスウェット

「サンスペル」のスウェット
1万9000円/サンスペル 表参道店 03-3406-7377

今年で160周年を迎える英国の老舗が、同郷のアーティストであるジョン・ブースと「ヒト・コト・モノ・オト」を繋ぐコミュニティのシェイクハンズがコラボを実現。太陽と雲のアーカイブロゴがポップなワッペンに。当然、ソフトな肌触りだって雲上級!

NEXT PAGE /

「ボディグローブ」×「ビューティ&ユース」のロンT

「ボディグローブ」×「ビューティ&ユース」のロンT
6500円/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店 03-5428-1893

1950年代にウエットスーツブランドとしてカリフォルニアで生まれたボディグローブ。その’80年代のポスターを背中に背負った1枚だ。海中の美女に、無性に胸熱! フロント左胸の旧ロゴでも、当時のエクストリーム感を加速。

 

「エゴン・シーレ」×「モンキータイム」のパーカ

「エゴンシーレ」×「モンキータイム」のパーカ
1万4800円/モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店 03-5464-2773

モンキータイムお馴染みのアーティストシリーズより。今回セレクトされたのは、早逝の天才エゴン・シーレの作品。美術館のチケット風にあしらわれ、袖には飲食禁止マークなども。アートの世界への入り口に、ぜひ。

 

「ダノウ」のスウェット

「ダノウ」のスウェット
1万3000円/イーライト 03-6712-7034

アーティストの本名はもちろん、作品の内容までもが非公開。見るものの想像を膨らませる神秘的な作品で、アートな感覚を呼び起こす「ダノウ」。不思議なグラフィックを読む“鍵”は、アンティーク時計なんだとか。う〜ん、深いっすな!

 

「サタデーズ ニューヨーク」×「カタログデザイン」のバッグ、帽子

「サタデーズ ニューヨーク」×「カタログデザイン」のバッグ、帽子
バッグ6000円、帽子7000円/ともにサタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033

記念すべきブランド発の旗艦店であるNYのクロスビー店が、今年1月にリニューアル。新たな門出に華を添えるのが、NYのデザインスタジオとの合作だ。手描き風のピースマークを、帽子にもバッグにも大胆に!

 

高橋絵里奈=写真 来田拓也=スタイリング 増山直樹=文

# サタデーズ ニューヨークシティ# ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ# ワコマリア# アート# シャツ# スウェット# パーカ
更に読み込む