WORLD街角パパラッチ Vol.33
2020.02.16
FASHION

モダンなミリタリースタイルほか。世界のお洒落な大人たちをパパラッチ


世界4都市でスナップ敢行 ‟WORLD街角パパラッチ”

インパクトのある赤がすんなり馴染む方法論

深みのある赤のダウンジャケットで、ベーシックなコーデも陽気な印象に。

NEW YORK セバスチャンさん(34歳)
深みのある赤のダウンジャケットで、ベーシックなコーデも陽気な印象に。首元に優しげな色合いのストールを持ってくることで、派手色をうまく中和させ、全体を馴染ませた。

 

親子でファッションを楽しむっていいね

ニットキャップにダウンにデニム。休日にリンクコーデを楽しむ親子をキャッチ。

NEW YORK レイブラントさん(37歳)
ニットキャップにダウンにデニム。休日にリンクコーデを楽しむ親子をキャッチ。お父さんの折り目正しくロールアップされた裾に「服をきれいに着る」姿勢が伝わってきます。

 

きれいめをちょっと着崩す。「大人っぽさ」をセンス良く表現

上半身はハイネックニットにチェック柄のチェスターコート。下半身はゆとりのあるパンツにスニーカー。

LONDON ダンさん(36歳)
上半身はハイネックニットにチェック柄のチェスターコート。下半身はゆとりのあるパンツにスニーカー。品の良さとストリートライクなMIX感が今っぽいムードを醸しているんです。

NEXT PAGE /

ミリタリースタイルをモダンにブラッシュアップ

アメリカ軍の「M-43」モデルを現代的に再解釈したフィールドパーカは、スペルバウンドのもの。

LONDON ジミーさん(32歳)
アメリカ軍の「M-43」モデルを現代的に再解釈したフィールドパーカは、スペルバウンドのもの。パンツにワイドデニムを合わせ、美しいAラインを描く。このシルエットバランス、ウマい!

 

“音”を感じるファッションはいつまでも僕らの心を鷲掴み

レベル高めなアイスウォッシュのGジャンと、温かみのあるバーガンディのデニム。

LOS ANGELES マイクさん(38歳)
レベル高めなアイスウォッシュのGジャンと、温かみのあるバーガンディのデニム。何とも新鮮な色の組み合わせ。タイトなシルエットにドクターマーチンのブーツがロックムード全開!!

 

色使いと小物でアウトドア服を都会的に

マウンテンパーカにブラックスキニーとサイドゴアブーツを合わせた街山のクロスオーバースタイル。

LOS ANGELES レオナルドさん(32歳)
マウンテンパーカにブラックスキニーとサイドゴアブーツを合わせた街山のクロスオーバースタイル。さらに中折れハットやゴールドフレームのサングラスで色気までモノにしているぜ。

NEXT PAGE /

土クサく見えてしまう軍モノ、どう処理するかが問題だ

ミリタリーテイストなデザートカモのジャケットを都会的にどう着るか? ペールトーンパーカの柔和なムードと、スエードのスリッポンで土クサさをうまく中和させた。

TOKYO 信田有恒さん(37歳)
ミリタリーテイストなデザートカモのジャケットを都会的にどう着るか? ペールトーンパーカの柔和なムードと、スエードのスリッポンで土クサさをうまく中和させた。グッドアイデアだ。

 

ネイビーの絶対的安心感。だから柄で遊べる

ネイビーの同系色でまとめつつも、インナーにクレイジーパターンのシャツを覗かせることで、コーデにピリッとスパイスを。

TOKYO 大力幹也さん(39歳)
ネイビーの同系色でまとめつつも、インナーにクレイジーパターンのシャツを覗かせることで、コーデにピリッとスパイスを。クセのある服を上手に取り入れ、個性をしっかりアピール。

WORLD街角パパラッチ
世界の大人たちは、今の時季どんな格好を楽しんでいるのか? 格好いい休日コーデのヒントを探るべく、世界4都市を突撃パパラッチ! 街のリアルなスタイルサンプルに共感できるものを見つけたら、今すぐそのヒントを取り入れてみよう。
上に戻る

稲垣 茜=写真(東京) 宮崎卓弥=取材(東京) HIROMI YAMADA=写真・取材(NY) LITTLE JETTY=写真・取材(LA) YUMIKO SWAN=写真(ロンドン) IORI DOUGAN=取材(ロンドン)

# WORLD街角パパラッチ
更に読み込む