スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.52
2020.02.06
FASHION

2020年のスニーカーHIT予測。人気ショップの看板スタッフの見解は?

スニーカーショップで一足触発●昨年から今年にかけて、立て続けにオープンしたスニーカーショップの魅力を看板スタッフに聞く短期連載。

デザイナーズモノの大流行、ダッド系の躍進、遂には同業コラボ(アディダスとリーボックの協業には驚きました)まで発表された2019年。とどまることを知らない世界的スニーカーブームは2020年、どんな展開を見せるのか?

話題のスニーカーショップの看板スタッフに、今年のトレンド予測をしてもらった。

 

注目ブランドはアシックス! そして、快適厚底ブーム到来の予感!

トレンド予測した看板スタッフ①

「スニーカーズエンスタッフ トウキョウ」堀 那由汰さん(25歳)
昨年11月に代官山にオープンしたストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff Tokyo(スニーカーズエンスタッフ トウキョウ)」、通称SNSに勤務。自他ともに認めるスニーカー好きで、コレクション数は自分でも把握できないほど。特にハイテク系が好み。

 

オリンピックイヤーなので、今年はそれを意識した限定モデルが多くリリースされるはずです。東京という舞台で、スポーツメーカーがどんなクリエイティブを見せるのか?

とくに公式スポンサーのアシックス(ASICS)には注目しています。先日のパリコレクション(2020-21AW)ではコム デ ギャルソン・シャツとのコラボも発表されてますしね。

「アシックスのこのモデルはいいと思うんですよね〜」とSNS Tokyoの堀さんが手に取る一足。詳細はコチラ

あとは、スニーカーテクノロジーがもっとライフスタイルに入り込んでくるでしょうね。

2015年にアディダスが「ウルトラブースト(ULTRABOOST)」を出した頃から、本格的なランニングシューズを普段のファッションに取り入れることへの抵抗が薄まってきたと思います。

ナイキ(NIKE)の「ズームエックス(ZoomX)」や「リアクト(REACT)」などもその好例ですね。いかにも競技用ではないデザインも素晴らしいので、今後、ライフスタイルシューズとランニングシューズはもっと密接になっていく予感。このトレンドはしばらく続くと予想します!

Sneakersnstuff Tokyo(スニーカーズエンスタッフ トーキョー)
住所:東京都渋谷区代官山町13−1 ログロード代官山2号棟、3号棟、4号棟
電話:03-6868-8801
営業時間:11:00〜20:00
無休

NEXT PAGE /

“懐かしいのが新しい”トレンドがやってくる予感!

トレンド予測した看板スタッフ②

「エーティーエーディー」アディ子さん (25歳)
昨年12月に渋谷に誕生した、アディダスとアトモスのコラボショップ「A.T.A.D(エーティーエーディー)」の看板娘。アディダス好きインフルエンサーとしても活躍する。人生初スニーカーは、元NBA選手のパトリック・ユーイングのシグネチャーモデル「アティチュード」。

 

昨年までは、極端な厚底や派手なパーツが付いたものなど、これまでにない斬新なデザインが流行っていましたが、そろそろそれもスタンダードになってきた気がします。

そうなると今年は、デザイン以外で付加価値を持つスニーカーが支持される予感。オリジナルカラーで復刻された「ZX8000」など、古き佳きモデルが逆に新しい! という気分になっていくと思います。

「ZX8000」はA.T.A.Dでも人気が高いと話すアディ子さん。
オリジナルカラーで復刻された「ZX8000」を持つアディ子さん。

私の世代(25歳)だと「ZX」ってすっごい昔のスニーカーっていうイメージなので、間違いなく新鮮に感じますし、上の世代の人には懐かさしさや親しみで共感できるんじゃないですかね。

「インスタで『ZX』だけを上げている人もいるんですよ」と教えてくれた。

2020年は、ほかにもたくさんの懐かしいモデルが復刻されると思いますが、各社のアーカイブ発掘競争には注目していきたいですね!

A.T.A.D(エーティーエーディー)
住所:東京都渋谷区神宮前4-29-1 真島ビル1F
電話番号:03-6447-0862
営業時間:11:00〜20:00
無休

齋藤ジン=写真 北村康行=文

# A.T.A.D# Sneakersnstuff Tokyo# SNS# アディダス# スニーカー# ナイキ
更に読み込む
一覧を見る