冬遊びをアツくする「アウトドア服と車」。どう選ぶ? Vol.15
2019.12.07
FASHION

冬を安心・安全に遊ぶには「足元が強い」ブーツとタイヤが必要だ

凸凹だったり、ぬかるんでいたり、冬が深まれば凍結だってあり得る。僕らの遊び場=アウトドアフィールドは、いつもとは大違いのオンロードの先にある。だからこそ必要不可欠となるのが、そんな悪路をものともしない「足元の強さ」。安心してその身を預けられる、信頼のブーツ&タイヤを紹介しよう。

 

雨に強くスベリ知らずのタフなブーツ

「コロンビア」 耐久性に優れたコーデュラファブリック製ミドルブーツ
1万7000円/コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803

「コロンビア」
耐久性に優れたコーデュラファブリック製ミドルブーツは、身体の熱を利用して保温性を高めるコロンビアの独自技術、オムニヒート、濡れた氷上でも高いグリップ力を誇るビブラム社製のアークテックグリップソールが自慢。

 

「ハイクス」 1948年にドイツでワークブーツや登山靴のメーカー
2万9700円/ベンダー 03-6452-3072

「ハイクス」
1948年にドイツでワークブーツや登山靴のメーカーとして創業し、その機能性の高さから警察や消防、軍隊など各国の国防機関での採用実績を誇るブランド。セージカラーの本作は、アッパーに撥水性や通気性に優れたゴアテックスを採用する。

 

メレルがビブラム社と共同開発したアウトソールはそれほど驚異のグリップ力を誇る。
3万円/丸紅フットウェア 03-3665-1789

「メレル」
濡れた氷上や雪上でも安定した歩行を実現する。メレルがビブラム社と共同開発したアウトソールはそれほど驚異のグリップ力を誇る。加えて耐久性、軽量性、保温力の高さも折り紙付きで、便利なBOAレーシンングシステムも初採用。

 

「ティンバーランド」 ミリタリーに着想を得た漆黒のフィールドブーツ
2万2000円/ティンバーランド/VFジャパン 0120-953-844

「ティンバーランド」
ミリタリーに着想を得た漆黒のフィールドブーツ。完全防水のヌバック製アッパーに、軽量かつクッション性や柔軟性に富むセンサーフレックス テクノロジーを搭載したソールを採用。自在な足運びが自慢の頼れる1足。

NEXT PAGE /

雨でも雪道でもグイグイ進むタイヤ

「トーヨータイヤ」 北米・欧州で支持を集める「セルシアス」は、トレッドコンパウンドに凍結路面で高い摩擦力を発揮するアクティブポリマーを使用。
オープン価格/トーヨータイヤ

「トーヨータイヤ」
北米・欧州で支持を集める「セルシアス」は、トレッドコンパウンドに凍結路面で高い摩擦力を発揮するアクティブポリマーを使用。トレッド部分を非対称パターンとすることで、高いウエット性能も確保し、オールシーズンで大いに活躍する。

 

「アシュアランス ウェザーレディ」は、ショルダーの溝に配された「3Dブレード」によってタイヤの剛性を向上、雪上でも安定した走りを実現したオールシーズンタイヤ。
オープン価格/日本グッドイヤー

「グッドイヤー」
「アシュアランス ウェザーレディ」は、ショルダーの溝に配された「3Dブレード」によってタイヤの剛性を向上、雪上でも安定した走りを実現したオールシーズンタイヤ。大豆オイルをタイヤのトレッドゴムに適用させることで、環境にも配慮。

 

「ブリヂストン」 スタッドレスタイヤの名品「ブリザック」の新作
オープン価格/ブリヂストン

「ブリヂストン」
スタッドレスタイヤの名品「ブリザック」の新作は、トレッドのラグ(=横)溝を増やすことで雪上での“つかむ”機能を進化させた。さらに、トレッドのストレート溝も2本から4本にして排水性を大幅にアップ、濡れた路面でも心強い。

 

山本雄生、遠藤優貴=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物・取材) 平 健一、葛西信博=スタイリング 増田海治郎、荻山 尚、増山直樹、iconic=文

# アウトドア# タイヤ# ブーツ
更に読み込む