2019.12.04
FASHION

アウトドア服の「遊びに強い素材」の進化がスゴい!

アスリートファーストに作られたものはもちろん、見た目の新しさも兼ねて開発されたものも、いずれも最高の快適さを提供してくれる。

なぜなら、日進月歩のアウトドアな素材の進化は止まることを知らないから。最新系を追ってそれを証明しよう。

 

超軽量&撥水性能はデイリー使いにうれしい

毎シーズン新素材の開発に勤しむブランドが、今回取り組んだ問題は「重量系アウターの重さ」。膝丈のフーデッドパーカは、今風のたっぷりとしたボリューム感だ。
24万円/ストーンアイランド シャドウ プロジェクト(ストーンアイランド 03-6271-4654)

毎シーズン新素材の開発に勤しむブランドが、今回取り組んだ問題は「重量系アウターの重さ」。膝丈のフーデッドパーカは、今風のたっぷりとしたボリューム感だ。

そこに使用したのは、薄いうえに摩擦強度が高く、非常に軽量なポリウレタン製のマイクロリップストップナイロンとナイロン製リップストップを2層に組み合わせた「デュアル グリッド ナイロン」。コートとは思えない軽やかな着心地を実現する。さらに、長時間持続する撥水加工も施されている。

 

透湿防水素材の弱点を克服!

ザ・ノース・フェイスが自社開発したのが「フューチャーライト」。
5万4000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

従来の3層構造の透湿防水素材は、衣服の内部と外気に温度差が生じなければ透湿効果を発揮しなかった。つまり、蒸れてから初めて湿度を逃がす。それではどうしても不快感が……ということでザ・ノース・フェイスが自社開発したのが「フューチャーライト」。

大きさの異なる孔が空いたフィルムによって、透湿も行いながら、かつ防水性を備えることで、常に蒸れを防いでくれるというワケだ。

 

街でもアウトドアでも使う、だから「頑丈さ」も必要だ

「エボリューション ジャケット」と名付けられた細身のシェルに採用されているのは「ゴアテックス プロ」なる素材。
9万4000円/ティラック(バーリオ 075-354-6604)

「エボリューション ジャケット」と名付けられた細身のシェルに採用されているのは「ゴアテックス プロ」なる素材。優れた防水透湿性を備えるゴアテックスシリーズの中でも、丈夫さを最大まで高めた改良版だ。

破れにくい40デニールと高密度の表地と、軽量かつ耐摩耗性に優れる素材を採用した裏地、そして防水透湿をかなえるメンブレンを挟むことで実現。ウィンタースポーツの上級者向けに作られただけに、その耐久性は文句なし。

 

鈴木泰之=写真 増田海治郎、荻山 尚、増山直樹、iconic=文

# アウトドア服# ジャケット# パーカ
更に読み込む