2019.12.02
FASHION

おもしろい “だけじゃない” ロエベのガイコツマフラー

何かのパーティグッズ?と勘違いしてしまいそうだが、マフラーである。

全長2.5mを超えるガイコツのマフラー。そう、ロエベのクリエイティブ・ディレクターを務めるジョナサン・アンダーソンの作るものはいつだって面白い。

全長2.5mを超えるガイコツのマフラー。そう、ロエベのクリエイティブ・ディレクターを務めるジョナサン・アンダーソンの作るものはいつだって面白い。

今季シーズナルコレクションにおいては、19世紀のイギリス美術界を席巻した「アーツ&クラフツ運動」のキーマン、ウィリアム・ド・モーガンに焦点を当てた。陶芸家であった彼の革新的な施釉や彩色にインスパイアされ、クジャクがプリントされたトレンチコートや花を刺繍したバッグなどを制作している。

このマフラーもやはりひと目で面白さが伝わるデザイン。だが「それだけじゃない」のが、ジョナサン・アンダーソンの真骨頂だと思う。

トレンチやチェスターフィールドなど、コートを使った冬のコーディネイトにメリハリを利かせてくれるボリューム感が魅力のマフラー。/ロエベ
トレンチやチェスターフィールドなど、コートを使った冬のコーディネイトにメリハリを利かせてくれるボリューム感が魅力のマフラー。ガイコツの手足は左右非対称のデザイン。指の骨まで丁寧な編み込みで表現しているところは、さすがのクラフツマンシップである。21万8000円/ロエベ ジャパン 03-6215-6116

素材はカシミヤで保温性と肌触りは抜群。あえてのローゲージ編みでカジュアルな雰囲気を演出している。そして実際に巻いてみると、ご覧のとおり意外なほどシックにまとまる点も見事。

ユニークだが背景にストーリーを持ち、きちんとファッションの「タメになる」アイテムに仕上がっているというわけだ。

 

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 加瀬友重=文

# ガイコツ# マフラー# ロエベ
更に読み込む