オーシャンズな男目線のアウター選びを大特集! Vol.53
2019.11.24
FASHION

大人のアウターは「ハゲ、デブ、マジメな黒革が格好いい」論

黒革のアウター。それはロックンロールの音がするダブルのライダースジャケットを、あるいは映画の中のマフィアな男が着るテーラードジャケットを想像するかもしれない。そんなユースやアウトローのためだけのものではない、まっとうな大人の男が似合う・魅了される理由を、個性派論客とともに提案してみたい。

映画な黒革を見て思う
ハゲ、デブ、マジメな黒革が格好いい 〜林 信朗・文〜

黒革というと単純なぼくはスグに松本清張原作のテレビドラマ「黒革の手帳」を思いだしてしまう。この場合の“黒”はもちろん秘密を暗示しているわけで、『牛革の手帳』や『茶革の手帳』ではまったくタイトルにならないわけでありマス。それほど黒革には人をして思わしめる「何かがある」のですね。

映画世界でもそのイメージを利用し、いろいろな役柄の俳優が黒革のジャケットでキャラクターを作っている。名作『ロッキー』シリーズのシルベスター・スタローンはあれを着ていたから主人公ロッキーのやさぐれ感がズバッと出せたのだ。

しかし、黒革のご利益はそのテの若いチンピラ系に限ったことではありませぬ。まっとうなオトナの外見にも「あら?」と思わせる薬効あり。しかも、オトナ特有の体型やなんやらの問題を、解決こそしないがカバーし、それなりの「サマ」を作ってくれます。

“ブルースの伝道師”、ダン・エイクロイドは恰幅の良さをうまく貫禄にシフトしている好例。
“ブルースの伝道師”、ダン・エイクロイドは恰幅の良さをうまく貫禄にシフトしている好例。 © Ron Galella, Ltd./getty images

たとえば『ハドソン川の奇跡』のトム・ハンクス演じる主人公なんてマジメすぎるほどマジメなパイロットで、若干太めだけれど、ユニフォームを脱いだら黒革のジャケット姿になる。これがね、とても彼を引き締まって見せてくれる。

映画『ハドソン川の奇跡』公開時のトム・ハンクス。シャツ&ニットの模範的オジサンルックにもレザーは映える。
映画『ハドソン川の奇跡』公開時のトム・ハンクス。シャツ&ニットの模範的オジサンルックにもレザーは映える。 © INSTARimages/AFLO

合わせて下に着るのはサックスブルーのストライプシャツとニットで清潔感十分。このまま自家用飛行機でも操縦しそうな、リッチで余裕のあるインプレッションなのです。同じ黒革を着ていても、ロッキーとは見え方がまるで正反対だ。

『ブラック・スキャンダル』のジョニー・デップなんざ、かなり生え際が後退したギャングを演じているが、スタンドカラーの黒革ジャンパーが妙に絵になっていないか? スタンドカラーのボリュームが少ない髪を補っているのかもしれないのです。ギャングでなくても中年男の使えるコーディネイションですよ。

ハゲ頭のギャング役を演じたジョニー・デップ、『ブラック・スキャンダル』での新境地。
ハゲ頭のギャング役を演じたジョニー・デップ、『ブラック・スキャンダル』での新境地。 © Backgrid/AFLO

出演映画じゃないけれど、名優ジャック・ニコルソンはプライベートでも黒革コートを愛用しているのを、ハリウッド関係のニュースサイトで見たことあり。アカデミー賞アクターには失礼だが、堂々たるデブ&ハゲっぷり。それでもこの黒革コートを羽織れば、役者ニコルソンのエッジを完璧に保ちつつ、リラックスした風情を漂わせている。

私服のジャック・ニコルソン。体型は崩れても、品格は衰えず。
私服のジャック・ニコルソン。体型は崩れても、品格は衰えず。 © REX/AFLO

ロック系やら不良系やらのわかりやすいキャラが立ちすぎる若い黒革より、「何かがある」黒革の魅力は、むしろ人生のキャリアを積んだ大人のものというまぎれもない証拠が、彼らハリウッドの男たちだと思うのですがね。

林 信朗(はやししんろう)●1954年生まれ。数々の男性ファッション誌編集長を務め、フリーの服飾評論家に転身。歴史上の偉人や映画登場人物の装いにも精通する、我々の大先輩。

NEXT PAGE /

大人にオススメな黒革アウター

スタイルこそカフェレーサータイプのジャケットながら、極上のカウレザーを使い、接ぎを最小限にとどめた贅沢な作りは気品が漂う。
ライダーズ11万円/デニム × トゥモローランド(トゥモローランド 0120-983-522)、ポロシャツ1万4000円/スティーブン アラン(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、パンツ9000円/ディッキーズ フォー ロンハーマン(ロンハーマン 03-3402-6839)

スタイルこそカフェレーサータイプのジャケットながら、極上のカウレザーを使い、接ぎを最小限にとどめた贅沢な作りは気品が漂う。だからこそ、ニットポロとベージュチノを合わせたマジメなスタイルにもピタリとハマるのだ。

 

襟が小さめで、ダブルでもイカツくなりすぎないグッドバランスのライダーズは、2003年の秋冬コレクションで登場したモデルの復刻版。
ライダーズ29万8000円/フランク リーダー(マッハ55リミテッド 03-5413-5530)、ニット3万4000円/バトナー フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、シャツ3万2000円/アワー レガシー(エドストローム オフィス 03-6427-5901)、パンツ5万4000円/ビズビム 03-5468-5424、スニーカー1万800円/アディダス オリジナルス(アス 原宿 03-5772-6340)、メガネ3万円/オリバーピープルズ (ルックオスティカジャパン 0120-990-307)

襟が小さめで、ダブルでもイカツくなりすぎないグッドバランスのライダーズは、2003年の秋冬コレクションで登場したモデルの復刻版。例えば、英国トラッドなアーガイルが入ったニットを軸にしたノーブルなスタイルにオン。ミスマッチと思うなかれ、黒革はほかのアイテムの渋さを引き立ててくれる効果もあるとわかる。

 

 

清水将之(mili)=写真 来田拓也=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 今野 壘=文

# アウター# 映画# 林 信朗# 黒革
更に読み込む