オーシャンズな男目線のアウター選びを大特集! Vol.44
2019.11.20
FASHION

「超ド級の気持ち良さ」と聞いて半信半疑で着ないなんて、人生損してる!

またまた、雑誌はすぐ大げさに言う。かもしれないが、「超ド級」の言葉に嘘はない。騙されたと思って、ここに挙げる極上素材にぜひ触れてみてほしい。体験にも貪欲でありたいなら、半信半疑は捨てて袖を通してみよう。人生が変わってしまうかもしれないが。

 

「ブルネロ クチネリ」
アメカジの定番コートを超高級素材で

最上級スペイン産ラムスキンを使用したピーコート。
コート105万円、ニット11万1000円、Tシャツ4万9000円、デニム11万円、ブーツ 参考商品/すべてブルネロ クチネリ (ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300)

最上級スペイン産ラムスキンを使用したピーコート。裏側のファー面にアイロンをかけることで滑らかな質感と心地良い肌触りを実現している。デニム姿に羽織るだけで、ご覧のエレガンス。そして超高級素材の身頃に採用したのはアンティーク加工を施すメタルボタン。こうした取り合わせに大人の貫禄や余裕、そしてブランドのこだわりと遊び心が見て取れるのだ。

 

「ロロ・ピアーナ」
素材使いの匠による快適性の最大化

極細番手繊維からなるロロ・ピアーナ独自の糸、ウィッシュ・ウール・ヤーンに少量のカシミヤを混紡してくっきりとしたヘリンボーン織りの生地を開発。
72万8000円/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店 03-3572-0303

極細番手繊維からなるロロ・ピアーナ独自の糸、ウィッシュ・ウール・ヤーンに少量のカシミヤを混紡してくっきりとしたヘリンボーン織りの生地を開発。こちらの最新作「ハーバーン・パーカー」は、素材の滑らかさと光沢感、そして柔らかさ、暖かさを最大限に引き出すことで、極上の着心地と佇まいに仕上がった。独自開発のストームシステムを採用し、防水・防風加工も万全だ。

NEXT PAGE /

「ラルフ ローレン パープル レーベル」
“ポロベア素材”でできたヴィンテージ調コート

ぬいぐるみにも似たフサフサの起毛感と1930年代のカーコートから着想を得たデザインに、どこか懐かしさも感じられる。
50万4000円/ラルフ ローレン 0120-3274-20

お馴染みのポロベアの着想源となったドイツ・シュタイフ社のテディベアに用いられる素材、アルパカヘアを使用。ぬいぐるみにも似たフサフサの起毛感と1930年代のカーコートから着想を得たデザインに、どこか懐かしさも感じられる。

 

「ロンハーマン」
スペイン産シープスキンで西海岸風に仕立てる

スペインで生育されたメリノ種のシープスキンを使用したフードコート。
36万円/ロンハーマン 03-3402-6839

スペインで生育されたメリノ種のシープスキンを使用したフードコート。ヴィンテージ加工が施された表側によって、ラフな印象を保ちつつ、フカフカヘアの裏側からは上質感も漂う。海上がりに素肌で羽織えてしまうほどの心地良さが味わえるのだ。

NEXT PAGE /

「ザ・ロウ」
現実的なシェルの裏地に潜むロマン

撥水性のあるウール×ナイロンがもたらす精悍な見た目とは裏腹に、内側には取り外し可能な超高級素材ミンクのライニングを備えた、意外性のある一着。
184万2000円/ザ・ロウ・ジャパン 03-4400-2656

撥水性のあるウール×ナイロンがもたらす精悍な見た目とは裏腹に、内側には取り外し可能な超高級素材ミンクのライニングを備えた、意外性のある一着。3回ものシェービングを施した極上の肌触りは、ほかではそう得られまい。

 

「イザベル マラン オム」
贅沢な“両A面”使いのムートンパーカ

パリのコレクションに登場したラムスキンの新作パーカ。
42万3000円/イザベル マラン 03-5772-0412

パリのコレクションに登場したラムスキンの新作パーカ。キメ細かなスエード面とフカフカに刈り揃えられたボア面、その両方の風合いを堪能できるリバーシブル仕立て。片やシックな大人顔、片やストリート風と装いの幅も広がる。

 

[賢いアウター選びのためのコラム]
お気に入りの一張羅にはそれ相応のメンテナンスを

特殊なシミ抜きや補色などにも対応してくれ、納得の仕上がりが期待できる。/ワードローブ トリートメント

特筆すべきは、受け付けた服を「1点ずつ」洗浄する点だろう。そのために、服を熟知するコンシェルジュとのカウンセリングから始まる丁寧さが売り。特殊なシミ抜きや補色などにも対応してくれ、納得の仕上がりが期待できる。

ワードローブ トリートメント
住所:東京都目黒区青葉台3-8-10 1F
電話番号:03-6416-9133
営業:10:00〜20:00 日曜、祝日定休
https://aobadai.wardrobetreatment.jp

 

川田有二=写真(人物)鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司、川瀬拓郎、増山直樹、押条良太(押条事務所)=文

# ラルフ ローレン# ロンハーマン# アウター# コート# ロマン派# 極上素材
更に読み込む