2019.11.13
FASHION

ちょい地味だけど感動品! 語れるスウェット6選

秋のワードローブの定番であるスウェット。これに求めるのは、トレンドうんぬんよりも、本当に着られるものだけ、というシンプルマインド。ゆえにデザインはちょい地味!? でも読めば納得の秀逸感。そんな本物だけを厳選ピック。

「チャンピオン」
100年以上の歴史から掘り起こした稀少アーカイブを完全再現

「チャンピオン」のスウェット
1930年代中頃から’40年代初期まで使われていた「ランタグ」を忠実再現。スゴい!2万円/チャンピオン ヘリテージ タイムス ハラジュク 03-6447-4468

100年を超えるブランドの歴史が培ってきた素材やデザインなどの資産を掘り起こし、それらを忠実に再現した完全復刻ライン「トゥルートゥアーカイブ」が10月25日にオープンした東京・原宿の直営店にて先行発売。

「チャンピオン」のスウェット
首元には当時のデザインを忠実に再現した特別仕様のブランドタグが施されている。2万2000円/チャンピオン ヘリテージ タイムス ハラジュク 03-6447-4468

スウェット史における不朽の名作「リバースウィーブ」の稀少なヴィンテージの完全再現品、動きやすさと縮みを軽減しアスレチックウェアの機能性を追求した「ラバート」など、過去の名品が揃う。ヴィンテージ好きだったら、大興奮すること請け合いだ。

NEXT PAGE /

「ユナイテッドアスレ」
アメリカへの憧れでつくり続ける褪せなきベーシック

「ユナイテッドアスレ」のスウェット
4150円/キャブ www.united-athle.jp/lookbook/

アメリカへの憧れが出発点にある日本ブランドの定番パーカ。シンプルなデザインながらも、やはり醸し出す雰囲気はアメリカ的な香りが強い。また、カラバリがとにかく豊富で、ベーシックカラーから挿し色に最適なビビッドなものやペールトーンなど、気分やスタイルに合わせて必ず好きな色が見つかるはずだ。写真の鮮やかなオレンジカラーは今季より発売された新色だ。

 

「アクネ ストゥディオズ」
素材と形にこだわった上質スウェット

「アクネ ストゥディオズ」のスウェット
3万4000円/アクネストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923

服装によって家族を結び付けるというテーマから誕生した「フェイス」コレクションのパーカ。装飾は四角いフェイスモチーフのワンポイントのみ。そのシンプルさゆえ、こだわったのは素材と形である。

ボディに使用した上質なコットンは、ほんのりと光沢感を放ち、肌触りの良いスムースなタッチ。しかも、裏面は起毛した中厚フリースを採用し保温性も十分に確保。それらをきれいな落ち感のあるシルエットに形成することで、野暮ったさをなくし、品のある佇まいに仕上げている。

NEXT PAGE /

「エイトン」
オリジナル素材を用いた才色兼備のスウェット

「エイトン」のスウェット
2万6000円/エイトン青山 03-6427-6335

ブランドがオリジナルで開発した「ゼロコットン」を使用したスウェット。肉厚でコシがありつつ、柔らかな風合いを備え、斜行もしないうえに、通常の2倍の吸水性がある優れものだ。

化学的な加工をしていないため、くっきりと映える糸目や光沢のある美しい表情を実現した。色映えして、かつ色褪せもしづらいというメリットも。また、ボディに採用したアクションパネルが身体の動きをより快適にしてくれる。上品で、丈夫で、アクティブ。もう言うことなしの見事な完成度。一度着ると病みつきになるよ。

 

「イコーランド」
適正価格主義がつくる本当に価値のある洋服

「イコーランド」のスウェット
1万5500円/PR01 トーキョー 03-5774-1408

ファッションで誰かを不幸にしていないか? そんな疑問を投げかけながら、ファッションの持つ楽しさを追求するブランドがデビュー。ブランドが守るのは適正価格。付加価値をいっさい排し、消費者と正しく向き合う。

そんな彼らがつくるのは、品質に焦点を当てたシンプルデザイン。スウェットでこだわったのは体と接する裏毛。約40年前に日本で開発された裏毛編み機を使用し、凹凸のある生地を製作。肌との接地点が減少し、ベタつきを軽減した快適な着心地に。着る喜びを丁寧にデザインした注目作だ。

 

清水健吾=写真 星 光彦=スタイリング 黒澤卓也=編集・文

# アクネ ストゥディオズ# チャンピオン# スウェット
更に読み込む