2019.11.08
FASHION

「ジャーナル スタンダード レリューム」の激売れ品を完売前にリストアップ!

ショッピングモールの歩き方●「服が欲しい」俺も「食材買いたい」ママも「遊びたい」子供も、みんな楽しいショッピングモール。それをもっと楽しむためには、どう歩くのが正解なのか。人気モールの実態と最新のモール事情から紐解いた!

テラスモール湘南二子玉川ライズららぽーと立川立飛。3つの人気ショッピングモールでの突撃パパラッチで見えてきた人気のショップやブランド。

そしたら次に気になるのは、どんなアイテムが人気なのか?

今回の舞台は、モールを中心に多くの店舗を展開するセレクトショップ「ジャーナル スタンダード レリューム」だ。そこで、すでに人気の秋冬アイテムを厳選。完売の予感プンプンなので、早めにショップへGO!


「ジャーナル スタンダード レリューム」
人気の別注アイテム

滋賀県民に独占させちゃもったいない一着

4万500円/シガダウン ナンガ×ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

滋賀県発のシュラフメーカー、ナンガより誕生したブランド「滋賀ダウン」に別注したダウンジャケット。街着を前提としたスマートなシルエットながら、多孔質ポリウレタン防水コーティング素材「オーロラテックス」を採用した高い機能性に加え、760フィルパワーを誇るヨーロッパ産ホワイトダックダウンを使用している本格派だ。カラバリは全5色を揃えているが、生産量も限られているので、本格的な寒波がやってくる頃には、店頭を去っている予感!?


見所多すぎ!? セイコープロスペックス別注時計

2万8000円/セイコープロスペックス×ローワーケース フォー ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

LOWERCASE代表のクリエイティブディレクター、梶原由景氏監修のセイコープロスペックス別注時計は、アウトドアアウターから着想を得たライムグリーンの挿し色が、装いのアクセントとして映える逸品。20気圧防水ケースに独自の外胴プロテクター構造、ソーラー充電にフェイスのガラス面を軽く叩くことで点灯するタップ方式のバックライト、機能世界初の6桁表示デジタルウオッチの数字フォントを再現するなど、見所が満載。

NEXT PAGE /

昨年即完したダウンパーカがパワーアップして登場!

10万8800円/ウールリッチ×ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

昨年、即完売を記録した別注ダウンパーカが、今年さらにパワーアップ。マイナス40℃の環境下にも耐えうるウールリッチの名作「アークティック パーカ」を、オールブラックで仕上げ、シルエットもシャープにアレンジ。アウトドアの名作がモードな雰囲気すら漂う逸品へと生まれ変わった。シェルには高い撥水性を持ちながら使うほどに味わいの出る昔ながらの60/40(ロクヨン)クロスを採用する。


可愛いスウェード巾着……だけじゃない芸達者バッグ

1万3000円/アッソブ×ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

デザインと機能を融合させた独自のモノ作りを行うバッグブランド、アッソブ。防水カウレザースエードを使用したブランドの定番巾着バッグを、ジャーナル スタンダード レリュームがアレンジ。ショルダーストラップを手提げ&肩掛けの2-WAYで使用できるよう変更し、フロントポケットのジップは止水仕様、裏地にPVCコーティングを行うことで防水性を高めるなど、実用性をグッと高めている。

NEXT PAGE /

「ジャーナル スタンダード レリューム」
人気の定番アイテム

何本も“おかわり”したくなる、一流のシェフパンツ

5800円/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

シェフのワークパンツを出自とし、ゆったりサイジングにゴムウエストというラクチンさが人気のシェフパンツ。ジャーナル スタンダード レリュームではシルエットにわずかなテーパードを加えることで、ラクチンだけどキレイにはきこなせると毎年大ヒットを記録し続けている。そんな大人気のパンツを今年はコーデュロイでアップデート。8色展開でカラバリも充実。スタイルに合わせて何色あっても困らない逸品だ。


見た目はキッチリ、着心地はユッタリ

8800円/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

その名もコンフォータブル ツイードジャケット。「CONFORTABLE=快適な」という名前の通り、クラシックなツイードジャケットでありながらストレッチ素材を混紡しているので着心地は抜群。同素材のスラックスとセットアップで着用すれば、見た目はキッチリ紳士的ながら、着心地はユルく快適に。


最高級ウールのふんわりニットを、たっぷり(サイズで)味わう

1万1000円/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401)

オーストラリア生まれの最高級ウール「ハミルトンラムウール」を使用したブランド定番のクルーネックニット。毛足の長いふんわりとした着心地が特徴の逸品を、今年はドロップショルダーのゆったりとしたボックスシルエットに改良。いつもよりワンサイズ上を選んで、ビッグシルエットで着るのがオススメだ。


ショッピングモールパパラッチでわかった人気ショップはまだほかにも! 次回はH&Mのプレス担当が薦めるの間違いないコスパアイテムを紹介しよう。


オオサワ系=文

# ジャーナル スタンダード レリューム# ショッピングモール# 人気服
更に読み込む