2019.11.06
FASHION

コートの理想型をランウェイで発見! エルメスとグッチの夢あるコート

人は服道楽と言うかもしれないが、一向に構わない。ランウェイで脚光を浴びたスター性は、ほかの何にも代えられないから。無二の存在を自分の味方にすれば、風格も上がり、なりたい自分にも近づけるかもしれない。そんな夢を無にはできないよね?

「エルメス」
ようこそ、エルメスが描く夢の世界へ

「エミール」と名付けられた葉巻色のコート。

「エミール」と名付けられた葉巻色のコート。ダブルフェイスに織り上げた最上級のカシミヤが繊細な光沢を与えるこのニュアンスカラーは、比類なき表情を現出する。

トレンドとは一線を画する正統的なダブルブレストの仕立て、水を弾く実用性、パッチポケットのレザーパイピングから覗く遊び心。/エルメス
114万円/エルメスジャポン 03-3569-3300

トレンドとは一線を画する正統的なダブルブレストの仕立て、水を弾く実用性、パッチポケットのレザーパイピングから覗く遊び心。このコート自体が、今シーズン掲げているテーマ『「夢」と現実の境界』を往来するような存在にも思える。颯爽と羽織れば、エルメスが描く夢の世界の一員になれるかもしれない。

NEXT PAGE /

「グッチ」
先端的な感性を堪能するなら

先端的な感性を堪能するなら「グッチ」

一般にガンクラブチェックとも呼ばれる3色使いのハウンドトゥースのツイードを用い、ゆったり&たっぷり仕上げたオーバーサイズのステンカラーコート。その腕元には、テーラーメイドの服によく見る生地の商標ラベルのモチーフがあしらわれている。

一般にガンクラブチェックとも呼ばれる3色使いのハウンドトゥースのツイードを用い、ゆったり&たっぷり仕上げたオーバーサイズのステンカラーコート。/グッチ
49万5000円/グッチ ジャパン 0120-99-2177

通常は着用時に外すものをデザインとして採用。既成概念をあえて崩しにかかるあたり、紳士服を独自視点から再解釈するアレッサンドロ・ミケーレらしい批評性を見て取れる。それを味わえるのが、グッチの服の魅力でもある。


鈴木泰之=写真(静物) 髙村将司、川瀬拓郎、増山直樹、押条良太(押条事務所)=文

# エルメス# グッチ# コート# ロマン派
更に読み込む