2019.10.22
FASHION

街行く大人のスニーカー事情、全体の63%が履いていたデザインは?

37.5歳のファッション・データバンク
数値化できないファッションの気分を、できるだけ具体化させるために街ゆくイケてる大人たちに聞いてきた。そこから導いた「37.5歳のリアル」を45秒で。

 

我々のファッションライフに欠かすことのできないスニーカー。その種類はとにかく豊富だけれど、街角のリアルな大人たちは、いったいどんなモデルを履いてるの? というか、いったいどれだけの人が休日にスニーカーを履いてるの?

過ぎゆく足元を計測してみると、291人中、スニーカーを履いていたのは52%。そのうち63%の人が、モノトーンのスニーカーを愛用していた。

ブランドもモデルも実にさまざまだったが、一体どんなものが支持されているのだろう。調べてみると、白と黒、それぞれ人気の傾向が見えてきた。

NEXT PAGE /

「黒」スニーカー派はナイキを支持!

2019年夏の街角パパラッチでは、さまざまなナイキの「黒」スニーカーを発見!

カジュアルでもきれいめでも、どんなスタイルにも寄り添ってくれて、足元を引き締めてくれる。そんな頼れるオールラウンダーの「黒」スニーカーは、ナイキを愛用する大人が多数。

ご存じの通り、ナイキには多くのモデルが存在するが、街角の大人たちの愛用品も多種多様。ハイテク系からコラボモデルまで、無彩色(=モノトーン)とはいえ個性豊かな顔ぶれが見られた。

「白」スニーカー派は、コンバースとアディダスが拮抗状態

足元に一点加えるだけで、一気に爽やかな印象に仕上がる「白」スニーカー。そんな白派はコンバースとアディダスが人気を二分する結果に。それぞれのブランドで多くの人に支持されていたのはこの2モデルだ。

誰もが一度は履いたことがあるであろう、コンバースのオールスター。

白スニーカーを愛用する多くの大人が履いていたのは、コンバースの「オールスター」である。誕生から100年以上経ってもほとんどデザインが変わらないこのスニーカーは、幅広い年代にファンをもつ不朽の名作。昨今のハンパ丈のパンツに合わせる人が目立った。

アイコニックなロゴが特徴のスタンスミス。

コンバースに負けず劣らず人気なのが、アディダスの「スタンスミス」だ。テニス界のレジェンドの名を冠したこちらもまた、定番中の定番。合わせるアイテムを選ばない汎用性はズバ抜けている。ちなみに、コンバースとアディダス、いずれも「白」派は、シンプルなローテク系が人気だった。

 

大人の休日にはモノトーンスニーカーが欠かせないことがわかった、今回のデータバンク。白と黒、どちらも使い勝手は間違いなくいい。であれば、ここは白黒つけず、両方手に入れるのが正解か!?

# スニーカー# ファッションデータバンク
更に読み込む