オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.24
2019.10.18
FASHION

カラダも心も喜ぶ、“ユルくきれいめ”な日本ブランド3選

細身な服=きれいめ。そんな方程式が常識だった世を生きた大人にとって、「ユルいきれいめ」な服は歓天喜地、まさにカラダも心も喜ぶ思いだろう。

生地からつくるこだわり派に、古着ツウの有識者、ストリートもモードも網羅した目利きまで。出自もアプローチも違えど、人気の国産ブランドはみんなユルくきれいが共通項に。その具体例をここで。

COMOLI コモリ

10代からアメカジやインポート、ストリートブランドなど、多様な洋服に触れてきたデザイナーの小森啓二郎さんが立ち上げたブランド。/コモリ
パーカ4万6000円/ワグ インク ︎03-5791-1501、シャツ3万円/ヤン マッケンハウアー(メイデン・カンパニー 03-5410-9777)、パンツ1万9000円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)、メガネ4万3000円/オリバーピープルズ(ルックオスティカジャパン 03-3514-2950)、ソックス3500円/MHL(アングローバル 03-5467-7874)、靴3万6000円/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン 03-5791-3280)

10代からアメカジやインポート、ストリートブランドなど、多様な洋服に触れてきたデザイナーの小森啓二郎さんが立ち上げたブランド。海外の洋服に触れて気付いた「日本人の体型や日本の風土に合った究極のデイリーウェアを作りたい」という願いがバックボーンにある。

そのため装飾性は控えめで華美さはなく、窮屈さのない普段着として楽しめる高品質なものを提供。圧倒的なリピート率の高さを誇る。

肌触りのいいウール素材を甘く編んだことで極上の滑らかさを実現。それでいて製品染めを施したダークネイビーによりシックなルックスに。/コモリ

着用したのはこれ!
肌触りのいいウール素材を甘く編んだことで極上の滑らかさを実現。それでいて製品染めを施したダークネイビーによりシックなルックスに。ゆったりとしたシルエットと、大きめなフードのバランスが洒脱だ。

NEXT PAGE /

SEVEN BY SEVEN セブン バイ セブン

当時の暮らしの中で見ていた自由な人々や古着をベースに、シルエットやディテールを現代風にアレンジしたモノ作りが特徴。/セブン バイ セブン
コート9万8000円/アングローバル ︎03-5539-5213、シャツ3万4000円/カンタータ(カルネ ︎03-6407-1847)、デニム3万3000円/アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト(アクネ ストゥディオズ アオヤマ ︎03-6418-9923)

ブランド名は、ローカルも使うサンフランシスコの愛称。そのネーミングが示すとおり、デザイナーの川上淳也さんは20代の大半をこの町で過ごしたという。

当時の暮らしの中で見ていた自由な人々や古着をベースに、シルエットやディテールを現代風にアレンジしたモノ作りが特徴。過去の焼き増しとは違う、新たな解釈を感じるデザインが持ち味だ。その絶妙な懐かしさゆえ手に取りやすいという声も多数。

身幅はたっぷり、着丈は長めという、旬なバランスのステンカラーコート。/セブン バイ セブン

着用したのはこれ!
身幅はたっぷり、着丈は長めという、旬なバランスのステンカラーコート。柔らかく加工されたベンタイル生地の正統な顔と、チラリと覗くポップなチェック柄フランネルの裏地との対比がニクい。

NEXT PAGE /

MARKAWARE マーカウェア

彼のもうひとつの側面が、ワークユニフォームやミリタリーウェアに根ざした上質なウェアを展開するこのマーカウェア。
ジャケット4万6000円/パーキング ︎03-6412-8217、Tシャツ1万1000円/ウェルダー info@wellder.jp、パンツ3万9000円/エイトン(エイトン 青山 ︎03-6427-6335)、靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 ︎03-5766-6688)

サステナブルに特化した姿勢に注目が集まる新ブランド、テクストを手掛ける石川俊介さん。彼のもうひとつの側面が、ワークユニフォームやミリタリーウェアに根ざした上質なウェアを展開するこのマーカウェア。

糸の打ち込みや生地の組成にいたるまでヴィンテージウェアを研究しつつ、ただの復刻とはまったく異なる、遊び心あるデザインへと昇華するのがお家芸。パターンの美しさにも定評があり、クラシックな服をモダナイズする手腕は見事のひと言。

オーガニックウールを使用した、肉厚なCPOジャケット。/マーカウェア

着用したのはこれ!
オーガニックウールを使用した、肉厚なCPOジャケット。肩が落ちたビッグシルエットで、本来武骨なはずのミリタリーアイテムをクリーンなオフホワイトに置き換えているのが何ともハイセンスだ。

 

三瓶康友=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 今野 壘=文

# コモリ# ユルいきれいめ# 日本ブランド
更に読み込む