オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.32
2019.10.18
FASHION

クロムハーツ トーキョーでオープン20年目に起きた奇跡

東京・南青山のクロムハーツ トーキョーがオープン20周年という。光陰矢の如し、だ。

訪れればわかるが、ジュエリーだけでなく、レザーアイテムにアパレル、果ては家具まで含むライフスタイルアイテムの数々がズラリ。その奥深さに圧倒される。今回のスペシャルアイテムに目をやれば、意外性や遊び心を備えており、相変わらず僕らのツボを刺激してくる。

シンプルデザインのレザートートバッグ/クロムハーツ
H39×W33×D11cm 各29万円/クロムハーツ トーキョー ︎03-5766-1081

シンプルデザインのレザートートバッグは、さりげなく施されたシルバーグロメットやシルバーのスクロールラベル、ハンドル付け根のデザインなど緻密な佇まいと、ビジネスにも対応する機能性の高さを併せ持つ。

稀少で上質なホースレザーを使用した縦型トートで2種類を展開。左のカーフスエードとコンビのタイプは20点、右のオールスムースレザータイプは99点と数量も限定。やや長めに設定されたハンドルは、肩掛けも可能なので、少々の重さも気にせず持てるのだ。

黒と白の2色を用意するロングTシャツ/クロムハーツ
各3万円/クロムハーツ トーキョー ︎03-5766-1081

黒と白の2色を用意するロングTシャツは、お馴染みのオールドイングリッシュとスクロールラベルだけでなく、カタカナで「クロムハーツ」「トーキョー」と施された遊び心のある逸品に。そのお茶目なデザインからは、さすが西海岸を拠点とする本場カルチャーの流れを感じさせる。

「クロムハーツにこんな意外な一面が!?」と思ったアナタ。そう、この奇跡をみすみす見逃す手はないのだ。

 

清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング 髙村将司=文

# クロムハーツ# オープン20周年# レザートートバッグ# ロングTシャツ
更に読み込む