2019.10.10
FASHION

定番は決して滅びず。ルイ・ヴィトンから「逆襲のチノパン」登場

オーシャンズは今月デニムを特集中。メンズワードローブのバリエーションが増え続けるなか、定番といわれてきたアイテムの絶対性が弱まるのは必然かもしれない。デニムもそう。

だがその状況下であえて定番アイテムを取り上げ、魅力を再確認したいと思ったのだ。ぜひご一読を。

さてデニムとともに若い頃から愛着を持ってはいているボトムスがチノパンである。このアイテムも本来、デニムと同じく他のボトムスとは一線を画す地力を備えているはず……。そんな我々の思いを新定番ラインという形で表明してくれたのが、ルイ・ヴィトンの「ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン」だ。実に心強い。

ルイ・ヴィトン「ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン」のチノパン
服の畳み方マニュアルが描かれたタグが「ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン」のアイコン。アイテムはニュートラルなカラーリングが多く、ベーシックにこだわった展開だ。

メンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブローが「ワードローブの定番(=staples)」というアイデアにインスピレーションを得て生み出したこのライン。

アウターはチェスターコート、ブレザー、トラックジャケットなどトップスはクルーネックニット、Tシャツ、パーカなど。ボトムスはこのチノパンをはじめカーゴパンツ、ショーツなどを展開。スニーカーサングラスといった小物も用意する。

ボトムスはこのチノパンをはじめカーゴパンツ、ショーツなどを展開。/ルイ・ヴィトン
7万8000円/ルイ・ヴィトン 0120-00-1854

もちろん素材は最高級、カッティングや縫製の技術は最上級。ルイ・ヴィトンのラグジュアリーなレンズを通し、より上質なアイテムへ昇華された定番を揃えているという次第だ。定番は決して滅びず。このチノパンで逆襲の着こなしを図っていただきたい。


清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング 加瀬友重=文

# ルイ・ヴィトン# ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン# チノパン
更に読み込む