2019.10.06
FASHION

ユルい服こそ「リッチ精神」を。海を愛する大人が交わす4つの約束

サーファーとは、その独特な潮っぽさがカッコ良さであり、逆説的に、潮臭いだけのアンチファッションではいけないのだ。だって、サーファーって生き物は、サーフィンという底抜けに自由でストークできるシャレた遊びを好む、とびきり感性豊かな種族なのだから。
そしてそれは、オーシャンズな男に通ずる感性でもある。

で、オーシャンズな男のサーフスタイルは、こうありたい。

都会の喧騒から離れ、リラックスした時間を過ごすから、サーファーはユルい服を好む。
カーディガン23万円/ジ エルダー ステイツマン(サザビーリーグ ︎03-5412-1937)、Tシャツ1万1000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)、パンツ2万7000円/ロンハーマン ︎03-3402-6839、スニーカー8500円/ヴァンズ(ブライン ︎03-6805-2973)、ソックス1800円/ビームス(ビームス 原宿 03-3470-3947)、サングラス1万5000円/エーディーエスアール(シック 03-5464-9321)、ブレスレット1万9000円/ミキア(ミキアギャラリー ︎03-6455-4678)、サーフボード19万円/ジョシュ・ホールサーフボード(ホーリースモーク ︎045-914-5573)、ボードに掛けたウエットスーツ7万5000円/レクソル ウェットスーツ ︎0470-67-5850

「ユルい服」こそ「リッチ精神」を
波乗り後はチルアウト。都会の喧騒から離れ、リラックスした時間を過ごすから、サーファーはユルい服を好む。だからこそ、いい素材やハイエンドなものを身に着けたいのだ。なんたってオトナだからさ。

サーファーは通年Tシャツが主役。ただ基本原則はシンプルな無地を選ぶべき。
カーディガン23万円/ジ エルダー ステイツマン(サザビーリーグ ︎03-5412-1937)、Tシャツ1万1000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)

ベースの基本原則はシンプルな無地T
サーファーは通年Tシャツが主役。ただ基本原則はシンプルな無地を選ぶべき。もちろんロゴやグラフィックも否定しないが、もう大人だから気張る必要もないはず。年相応に、上品に。何かと便利なポケット付きなら、なお良し。

NEXT PAGE /
例えばアクセはゴールド。サングラスはブラックよりもブラウンが馴染みがいい。
サングラス1万5000円/エーディーエスアール(シック 03-5464-9321)、ブレスレット1万9000円/ミキア(ミキアギャラリー ︎03-6455-4678)

選びの視点は「日焼け肌に似合う」
モノ選びの視点は日焼け肌に似合うモノが基準。例えばアクセはゴールド。サングラスはブラックよりもブラウンが馴染みがいい。ファッションでない、サーファーゆえの洒落っ気を纏うからこそ、独特のカッコ良さが形成されるのだ。


サーファーであれば、もちろんあの靴であろう。サーファー然とした足元で、無言で雄弁に自分を語ってみてはいかが。
スニーカー8500円/ヴァンズ(ブライン ︎03-6805-2973)

足元に、名刺代わりの靴選び
それぞれのカルチャーにはその匂いのする足元が存在する。それは言わば己を表現する名刺代わりみたいなもの。サーファーであれば、もちろんあの靴であろう。サーファー然とした足元で、無言で雄弁に自分を語ってみてはいかが。


MACHIO=写真 諸見里 司=スタイリング 竹島健二=ヘアメイク 黒澤卓也=文


# サーフスタイル# サングラス# ユルい服# 無地Tシャツ
更に読み込む