2019.09.25
FASHION

ハードかイージーか。山歩きに最適なバックパックをレベル別に厳選

ひと口にハイキングといっても、その内容はさまざまだ。テント泊の山行、日帰りの低山ハイク、自然道の散策。ハードなのかイージーなのか。ハイキングの「度合い」によって最適のバックパックを選んでほしい。

 

長年の実績を積んできた妥協なきアルパインパック
MAMMUT マムート

長年の実績を積んできた妥協なきアルパインパック MAMMUT マムート
3万2000円/マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597

Model:Trion 35
Size:H62×W30×D26cm

マムートのバックパックを代表する「トリオン」シリーズのモデル。メインファブリックとして210デニールのリップストップ・コーデュラナイロンを用い、引き裂き、磨耗に対して高い強度を実現している。背面の大きなジッパーからメインコンパートメントにアクセスでき、使いやすさも抜群。ショルダーストラップやヒップベルトにはジッパー付きポケットを装備するなど、細かい部分にまで配慮が行き届いている。

 

今も進化し続ける登山ザックのオールラウンダー
KARRIMOR カリマー

今も進化し続ける登山ザックのオールラウンダー KARRIMOR カリマー
2万800円/カリマーインターナショナル 03-3221-6883

Model:ridge 30
Size:H65×W32×D24cm
カリマーが培ってきたバックパックのノウハウ。それを具現するモデルが「リッジ」だ。日帰りから小屋泊まで、幅広い山行シーンに対応するオールラウンダー。1999年の発売開始以来改良を重ねてきたこのモデルが、従来の使いやすさのままにさらなる進化を遂げた。フロント部分に大容量のギアポケットを装備。背面には活性炭加工を施したメッシュを新採用。ボディカラーはワントーンに仕上げ、全6色を用意している。

 

耐久・耐水性と軽さを独自の素材で追求
MOUNTAIN HARDWEAR マウンテンハードウェア

耐久・耐水性と軽さを独自の素材で追求 MOUNTAIN HARDWEAR マウンテンハードウェア
2万9000円/コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803

Model:Alpine Light 35 Backpack
Size:H65×W30×D20cm
見た目も素材も構造も、独自のアプローチが際立つアルパインパック。耐久性と耐水性に優れた超軽量素材「ダイニーマ」をメインファブリックに使用。アルミフレーム付きのシートと2層のパッドが入ったショルダーハーネスが快適な背負い心地を実現する。グローブを引っ掛けるためのグラブループ、アックスホルダー、スキーキャリー用の強化ループなどを装備し、その見た目も個性溢れるものとなっている。

 

NEXT PAGE /

スピードハイクにも連泊にも対応する超軽量モデル
SALOMON サロモン

スピードハイクにも連泊にも対応する超軽量モデル SALOMON サロモン
1万5000円/サロモン 03-6631-0837

Model:OUT NIGHT 30+5
Size:H67×W26×D26cm
700g台を実現した超軽量バックパック。ショルダーハーネスとウエストハーネスは独自のフィッティングコンセプトに基づき設計され、付け根にストレッチ素材を採用することで、バッグ本体が常に背中の正しい位置にとどまってくれる。身体の動きを妨げることなく、快適なハイクが楽しめるというわけだ。また背面パッドは可動式で背中を包み込むようにフィット。パッド素材も大胆に肉抜きされ、熱がこもることなく通気性が飛躍的に向上した。

 

アウトドアでも日常でも大活躍の「本当に使える」バックパック
THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイス

アウトドアでも日常でも大活躍の「本当に使える」バックパック THE NORTH FACE ザ・ノース・フェイス
1万6000円/ザ・ノース・フェイス オルター 03-6427-1180

Model:Big Shot CL
Size:H55×W35×D25.5cm
例えば日帰りの低山ハイクならこんなバックパックがベストだろう。ショルダーストラップと背面はメッシュ&立体構造で高い通気性を確保。2つのフロントポケットはマップやガイドブック、財布やポンチョなどを入れるのに便利だ。サイドにはボトルホルダーも付属し、内部にはPCスリーブおよびタブレットスリーブという街向けディテールも完備する。真のオールラウンダーの称号を与えたい秀作なのである。

 

再帰反射ペイントを施したスタイリッシュなデザイン
AND WANDER アンドワンダー

再帰反射ペイントを施したスタイリッシュなデザイン AND WANDER アンドワンダー
4万5000円/アンドワンダー 03-5787-3460

Model:splatter hand paint 40L backpack
Size:H57×W30×D17cm
ハイキング用バックパックではなかなかお目にかかれないスタイリッシュなデザインが特徴。京都の職人が施した再帰反射(光源に向けて光が反射する現象)ペイントにはモードな雰囲気も。もちろん機能も充実。本体の生地には耐久・耐水性に優れた「Xパック」を採用。背負ったままでの小物の出し入れがしやすいよう、ポケット類はフロント部分に集約されている。雨蓋はフロントバッグにしてマップポケットとして使用することも可能だ。

 

NEXT PAGE /

旅先にも連れて行きたい僕らの大定番
GREGORY グレゴリー

旅先にも連れて行きたい僕らの大定番 GREGORY グレゴリー
2万円/サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910

Model:DAY PACK
Size:H45.5×W40×D16.5cm
もはや説明不要の感があるグレゴリーの「デイパック」。独自のティアドロップ型とストレスのない背負い心地で、僕ら世代の定番バックパックとして長く愛されているモデルだ。街用の感覚で使ってきたけれど、本来はアウトドアでの使用を想定して作られたもの。トレッキングポールを装着できるフロントのストラップなど、便利なディテールを実際に活用してみてほしい。こちらは’90年代のアウトドアカラーを纏った新色だ。

 

「山の気分」を発信する個性溢れるマテリアル
WHITE MOUNTAINEERING × EASTPAK
ホワイトマウンテニアリング × イーストパック

「山の気分」を発信する個性溢れるマテリアル WHITE MOUNTAINEERING × EASTPAK ホワイトマウンテニアリング × イーストパック
2万5000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381

Model :MOUNTAIN WAVE PATTERN
Size:H46×W31×D12cm
2シーズン目となるホワイトマウンテニアリングとイーストパックとのコラボレーション。今季はインラインにはない型をオリジナルで設計。容量の多いマルチポケットや、高級感のあるシートベルトタイプのナイロンテープを採用する。山と波をミックスしたオリジナルの「マウンテンウェーブ柄」を前面にあしらった、個性溢れる仕上がり。街中にいても山の気分を味わわせてくれるバックパックといえる。軽ハイキングにぜひ。

 

Trip Notes
僕らの旅情を誘う文庫本

普段はタブレットで読んでもいいが、旅は文庫本に限る(断言)。各出版社の文庫編集部が選んだ一冊をぜひお供に。たとえ旅に出られなくとも、旅気分を満喫できること請け合いである。

バッグ1910182
『第一阿房列車』 内田百閒 著 新潮文庫 550円
『第一阿房列車』 内田百閒 著 新潮文庫 550円
「夏目漱石の門下としても知られる小説家の紀行文ですが、ポイントは『何の用事もない旅』。しかも座席は借金してでも一等車。これぞ旅の理想形でしょう。果ては鹿児島、青森までも。百閒は当時、還暦ほどの年齢でした」(編集部・土屋眞哉さん)。作品名は「だいいちあほうれっしゃ」と読む。アホなことほど面白いというわけか。あまりに洒脱。というか解脱。新字新かな遣いで読みやすさも抜群だ。
『マチネの終わりに』 平野啓一郎 著 文春文庫 850円
『マチネの終わりに』 平野啓一郎 著 文春文庫 850円
クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子の切なすぎる物語。「思いが募れば、たとえパリでもNYでも会うための努力をして、会いに行く。そんな登場人物たちから強く喚起されるものがあります。大切な人に会うために、自分も世界の果てまで旅したいものだ、という妄想を誘う本です」(副部長・舩山幹雄さん)。11月1日(金)には福山雅治、石田ゆり子主演で映画も公開!
『七つの街道』 井伏鱒二 著 中公文庫 900円
『七つの街道』 井伏鱒二 著 中公文庫 900円
「釣りと酒を愛した作家は旅名人としても知られました。奥の細道、久慈街道、甲斐わかひこ路、近江路などを巡る旅。風趣に富む名文が巧みに描き出す、古き時代の面影を堪能したいですね」(編集部・太田和徳さん)。明治生まれの文士が昭和31年から着手した街道巡り。確かに旅行記なのだが、掌編ひとつひとつの余韻が半端ない。鱒二を師と仰いだ三浦哲郎の巻末エッセイも胸アツである。
『第一阿房列車』 内田百閒 著 新潮文庫 550円
『マチネの終わりに』 平野啓一郎 著 文春文庫 850円
『七つの街道』 井伏鱒二 著 中公文庫 900円

 

高橋絵里奈=写真 石黒亮一=スタイリング 加瀬友重=編集・文

# グレゴリー# ザ・ノース・フェイス# ホワイトマウンテニアリング# ハイキング# バックパック
更に読み込む