2019.09.17
FASHION

巾着かミニショルダーか。旅先で使える“現地バッグ”の小さな2大候補

貴重なオフのウィークエンドトリップを、あますところなく満喫したい。そう考えるのなら、使える“現地バッグ”は必携だ。アクティブに行動範囲が広がれば、思いがけない出会いもあろう。それがまさしく、旅の醍醐味ってやつじゃないか。

 

あくまで旅先で使うものだから、あれこれ凝ったディテールや装備は必要ない。巾着は手持ちでお気楽。ショルダーは置き忘れしなさそうで安心。気分と好みで選択を。

巾着タイプには比較的珍しい好配色。
H23×W28.5×D17cm 2900円/ユニバーサルオーバーオール(ロングス 06-4707-7707)

巾着タイプには比較的珍しい好配色。手持ち用のハンドルが付属し、開口部のドローコードは長めの設定でたすき掛けも可能。つまりは巾着とミニショルダーのいいとこ取りというわけ。

 

内部にアクセスできるジップが付くので、片手に掛けたまま中身の出し入れが可能。進化系の巾着といえよう。
H29×W17.5×D17.5cm 5800円/カサビア(スエムピーアール 03-6455-2264)

地厚だが柔らかいコーデュラナイロン素材を使用。内部にアクセスできるジップが付くので、片手に掛けたまま中身の出し入れが可能。進化系の巾着といえよう。

NEXT PAGE /

 

現代の旅において必要十分の収納を備えた、スタイリッシュなショルダーだ。/コーチ
H19×W13cm 3万2000円/コーチ 0120-556-936

フロントはフラップ付きポケット、ターコイズ色のレザー部分がスリットポケット、そして背面にはカード入れが付属。現代の旅において必要十分の収納を備えた、スタイリッシュなショルダーだ。

 

程良いツヤ感のある馬革を使用。ジャケットやアウターの中に身に着けても邪魔になりにくい、薄マチのデザインが秀逸だ。
H18.5×W11×D2cm 1万1000円/ダコタ ブラックレーベル(プリンセスハンドバッグ 03-3862-2111)

程良いツヤ感のある馬革を使用。ジャケットやアウターの中に身に着けても邪魔になりにくい、薄マチのデザインが秀逸だ。

 

極力金具を減らして軽量に仕上げた、小旅行に打ってつけのレザーショルダー。
H25×W18×D4.5cm 1万9000円/アニアリ(プルーム 03-5793-3224)

極力金具を減らして軽量に仕上げた、小旅行に打ってつけのレザーショルダー。レザーとは思えないほどの、きわめて柔らかい質感が独特だ。

 

ミリタリーのスコップバッグをイメージしたというポーターとのコラボモデル。
H16×W15×D5cm 2万7000円/サカイ 03-6418-5977

ミリタリーのスコップバッグをイメージしたというポーターとのコラボモデル。ハンドル付きで手持ちもOK。

 

高橋絵里奈=写真 石黒亮一=スタイリング 加瀬友重=編集・文

# ショルダー# バッグ# 巾着
更に読み込む