2019.09.15
FASHION

Tシャツに羽織るだけでキマるジル サンダー&ボッテガの黒コート

さらっと羽織るだけでガラッと変わる。モードなアウターには、それだけの威力がある。モード界、つまりファッションの最先端に君臨するトップデザイナーは、誰よりも服を熟知していて、既存の意味を解体し再構成しているから。

この服は超豪華でこそあるが、素材や作り以上に、彼らの究極の戯れを享受できる点でも贅沢なのだ。


「ジル サンダー」のコート

「ジル サンダー」のコート
コート18万4000円、靴8万3000円/ともにジル サンダー、デニム7万5000円/ジル サンダー+(すべてジルサンダージャパン 0120-919-256)

一枚羽織る狙いは、保温のためでもあるが、コーデの物足りなさを解決する手段でもある。軽やかなロングコートなら、着心地におけるストレスもないうえに、コーデに占める面積も広く、視覚効果は高い。

軽やかなロングコートなら、着心地におけるストレスもないうえに、コーデに占める面積も広く、視覚効果は高い。

このステンカラーコートは、レーヨンにポリエステルを混紡したふわとろ素材で仕立てられ、そのドレープが風を視覚化してくれる。極言すれば、風が吹いてこそコーデが完成するといった感じ。同時に、背面にはロゴをプリントし、コンサバのアイコンアウターにハズし要素を与えた。この自由さがモードの真骨頂だと思う。

このステンカラーコートは、レーヨンにポリエステルを混紡したふわとろ素材で仕立てられ、そのドレープが風を視覚化してくれる。

NEXT PAGE /

「ボッテガ・ヴェネタ」のコート

「ボッテガ・ヴェネタ」のコート
89万円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966)

フィッシュテールにウエストのドローコード、そしてフードを備えた、いわゆるモッズコートのデザイン。なるほどレザーで形態を借用し、遊び心を持ち込んできたか。と思ったなら間違いで、ボッテガ・ヴェネタはその先を行っている。なぜなら、使用されるマットカーフレザーは熱圧着によるシームレスなつくりで、水を弾きやすい止水ジップをも採用している、いわば本物の機能服だからだ。

フィッシュテールにウエストのドローコード、そしてフードを備えた、いわゆるモッズコートのデザイン。

例えるならゴールドケースを纏った本格ダイバーズウォッチに近い。実際にフィールドウェアとして着ることはないかもしれないが、本気のファンクションがファッションになる。その妙をただ楽しめばいい。


平井敬治=写真 鳥居健次郎、斎藤翔平、岡崎考二=写真(スナップ) 坂井辰翁=スタイリング TAKAI=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸=文

# ジル・サンダー# シンプルアップ# ステンカラーコート# モッズコート
更に読み込む