2019.09.14
FASHION

クオリティで真っ向勝負! 値が張っても“適正価格”な大人のアウター

“安くて美味い”はひとつの正義だ。が、低価格は言い訳の材料にもなる。一方、“適正価格の良品”は、自らのクオリティと真っ向勝負しており、それが、一般に“値が張る”ものだとしても納得される自信の証しなのだ。

特に、流行に流されないベーシックな男のアウターに、それは顕著。いいものの良さを、正々堂々と味わう。これも男の嗜みだ。


「アー・ペー・セー」のレザージャケット&デニムベスト

ひと言で言って「実直」だ。僕らがデニムを愛するブランドのひとつだが、デザイナーのジャン・トゥイトゥが生むブレない世界観は、何年経っても好きでいられる大きな理由。

「アー・ペー・セー」のレザージャケット
ブルゾン19万円、Tシャツ8000円、デニム2万3000円/すべてA.P.C. 03-3710-7033、サングラス4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

例えば、カウハイドレザーのリブ付き革ジャン。トレンドのシルエットに揺さぶられない美しさを体現する。

「アー・ペー・セー」のデニムベスト
ベスト2万9000円、Tシャツ8000円、デニム2万3000円/すべてA.P.C. 03-3710-7033

得意のデニムを操ってのボアベストも同様。日本製デニムを丁寧に縫製、物の良さが滲む。ともに古着のような懐かしさと、現代の服らしいフレッシュさが同居。やっぱり「デニムに似合う」がうまいブランドなのだ。

NEXT PAGE /

「トム フォード」のブレザー

「トム フォード」のブレザー
ジャケット44万円、Tシャツ5万円、デニム9万円/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン 03-5466-1123)、メガネ4万7000円/トム フォード アイウエア 03-6804-3652、腕時計130万円、ストラップ7万5000円/ともにトム フォード タイムピース 03-4360-5608

フォーマルからデニムまで男のワードローブが正しく揃うのが、トム フォードだ。クラシックをモードに解釈し、男の色気を引き出してくれる。こんな言葉はないが、「男性美」を誰よりも理解しているのだろう。

構築的なシルエットにピークトラペルを備え、ホップサックで仕立てたブレザーには、気高さすら感じられる。「一着は欲しい」とよく言うが、大人として今入手すべきは、この手のものかもしれない。


平井敬治=写真 坂井辰翁=スタイリング TAKAI=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸=文

# アー・ペー・セー# トム フォード# シンプルアップ# デニムベスト# ブレザー# レザージャケット
更に読み込む