2019.09.07
FASHION

クロムハーツとLVで選抜、スタイリングの格を上げる名脇役

アイコニックなモチーフやロゴには、黄門様の印籠のごとく問題を収め、装いに格さん……もとい“格”を与えるパワーがある。が、これ見よがしにひけらかすのは不粋の極みオジサン。ほら、ご老公の印籠も、ここぞの局面まで控えているでしょ?

あくまで脇役として、さりげなく使うのが絶対だ。


「クロムハーツ」のベルトとネックレス

「クロムハーツ」のベルトとネックレス
チャーム 22K 29万8000円、ネックチェーン 22K 39万2000円、ベルトBRNZ 27万8000円/すべてクロムハーツ トーキョー 03-5766-1081、Tシャツ1万2000円/サンスペル(サンスペル 表参道店 03-3406-7377)、デニム1万2000円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

胸元に光る22Kのネックレスは、ミニマルな22Kチャームにピラミッドプラスモチーフが施されている。クロムハーツならではの繊細にして力強いデザインが、小粒でもピリリと、いや、キラリと存在感を主張する。

クロムハーツならではの繊細にして力強いデザインが、小粒でもピリリと、いや、キラリと存在感を主張する。

一方、ウエストに堂々と鎮座するのは、ブランドのシンボリックな意匠があしらわれた定番のローラーモチーフのベルト。ただし、バックルは初登場となるブロンズというのが新鮮かつツウ好み。

一方、ウエストに堂々と鎮座するのは、ブランドのシンボリックな意匠があしらわれた定番のローラーモチーフのベルト。/クロムハーツ

22Kともシルバーともひと味違う輝きは、渋みのある大人にこそ似合い、その風格はTシャツの裾からチラリと覗かせるだけでも周囲がひれ伏すほど!?


「ルイ・ヴィトン」のベルト

「ルイ・ヴィトン」のベルト
ベルト9万9000円、Tシャツ7万1000円、デニム10万6000円、サングラス7万円/すべてルイ・ヴィトン 0120-00-1854

常に動向が注目されるファッション界のヒーロー、ヴァージル・アブロー。今シーズン、彼がコレクションを象徴するモチーフとして発表したが、世界各国の国旗をパッチワークしたようなコラージュのデザインだ。メゾンのアイコンたるイニシャルデザインがかたどられたレザーベルトも、そのひとつである。

メゾンのアイコンたるイニシャルデザインがかたどられたレザーベルトも、そのひとつである。/ルイ・ヴィトン

面白みのないスーパーベーシックに陥りやすいデニTスタイルに小さいながら彩りを添え、さりげなくもキャッチーなウエストマークに。正義のヒーローに憧れ、オモチャの変身ベルトで強くなれた幼少時代よろしく、大人の男のお洒落を強く変身させる一本になるに違いない。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。K22=22金、BRNZ=ブロンズ

平井敬治=写真 坂井辰翁=スタイリング TAKAI=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸=文

# ルイ・ヴィトン# シンプルアップ# ネックレス# ベルト
更に読み込む