2019.09.05
FASHION

まっとうな大人になりたくないなら「ワコマリア×フラグメント」で遊べ!

まずは画面を少し離して、遠目でこれらのアイテムを見てほしい。精悍な白シャツにすっきりとテーパードしたスラックスなど、なるほど無駄のないデザインで、まさに「大人らしく」着られそうだと思うはず。

しかしもう一度、次は近くからじっくりご覧あれ。随所に、日本のストリートカルチャーを率いるフラグメントと、エッジの利いた洋服が揃うワコマリアとのダブルネームやロゴが利いたデザインだとわかる。

そう、この「実は」感こそ旨味。一見まっとうだが、近づいて見れば“遊び”を知る大人……こだわりが溢れてクールだと思うのだ。これは、常に「まっとう」でいようなんて疲れるでしょ、もっといろいろと遊んでもいいのだ!というメッセージなのかも。

随所に、日本のストリートカルチャーを率いるフラグメントと、エッジの利いた洋服が揃うワコマリアとのダブルネームやロゴが利いたデザインだとわかる。

1_ウール100%のドリズラーは胸のロゴだけじゃなく、レオパード柄のライニングもちょっとやんちゃな感じでいい。6万3000円/ワコマリア×フラグメント(伊勢丹新宿店 ︎03-3352-1111)

2_スケーターパンツと名付けられたコットンポリの丈夫な1本。2万2000円/ワコマリア×フラグメント(伊勢丹新宿店 ︎03-3352-1111)

3_定番パックTはバックとフロントの裾にダブルネームが。2万5000円[3枚セット]/ワコマリア×フラグメント(伊勢丹新宿店 ︎03-3352-1111)

4_精悍な白シャツは裾にちょこんとロゴを加えた。2万円/ワコマリア×フラグメント(伊勢丹新宿店 ︎03-3352-1111)

5_1タック入りのスラックスはシャツをタックインし、腰のレタードを覗かせるのが正解だ。2万7000円/ワコマリア×フラグメント(伊勢丹新宿店 ︎03-3352-1111)

 

清水健吾=写真 柴山陽平=スタイリング

# ワコマリア# フラグメント
更に読み込む