2019.09.02
FASHION

究極の「ご近所パンツ」、そのひとつの答えはパジャマだった!

ふと気が付けばもう夏が終わる。旅行、海、フェス、キャンプ…‥。それぞれのバケーションを思う存分に楽しんだであろうオーシャンズ世代。ただ、ちょいとここらで小休憩。だって俺たち、いい歳だもの。そりゃ遊びとはいえ、疲れだって溜まるさ。

だからこそ休日は、家でゴロゴロ、近場をブラブラしていたい。そんな気持ちとリンクする快適さ満点のパンツが今旬らしい。名付けて、「ご近所パンツ」! それを使ったコーデ、一度手を出したら抜け出せないかも。

 

こんな街映えパジャマなら、ご近所活動も楽しくなる

究極の楽々パンツ、その答えのひとつがパジャマ。なかでも存在感を放つのが、パジャマをファッションに昇華させたドメスティックブランドが放つ1本だ。
パンツ2万2000円[上下セット]/ノウハウ info@nowhaw.com、シャツ3万2000円/イートウツ(エディフィス 新宿 03-5366-5481)、ソックス1900円/ロトト(ジャーミネイション 06-6585-9660)、サンダル2万7000円/サンスペル(サンスペル 表参道店 03-3406-7377)、自転車15万4800円/ブリヂストンサイクル 0120-72-1911

究極の楽々パンツ、その答えのひとつがパジャマ。なかでも存在感を放つのが、パジャマをファッションに昇華させたドメスティックブランドが放つ1本だ。クッタリとしたウォッシュドコットンといい、リラックスシルエットといい、その快適さは一度はいたら病みつきに。

それでいてベージュに配されたブラックのストライプが上品なアクセントを演出するから、ユルすぎる印象も皆無。キレイめシャツに合わせて、コントラストを演出するのが吉。こんなコーディネイトなら、例えば急な子供のお迎えでもご近所さま、先生方の視線は気にならないでしょ?

 

須藤敬一、鳥居健次郎=写真 松平浩市=スタイリング 勝間亮平=ヘアメイク naohiga=イラスト 押条良太(押条事務所)=文

# ご近所パンツ# パジャマ
更に読み込む