パンツを夏専用に変えて、気持ちよすぎるお洒落体験を! 大人の“サマパン”超活用術 Vol.70
2019.06.20
FASHION

高身長さんに朗報。“間延びしない”ワイドパンツ攻略法 

ゆったり、たっぷり、幅広で快適なはき心地が自慢のワイドパンツ。ぜひ夏にはきたいサマーパンツのひとつだが、「体形を選ぶのでは?(涙)」「はきこなし方が難しそう(困)」と二の足を踏むオッサンは少なくない。そこでワイドパンツ初心者の読者代表4人とともに数多のパンツをはき比べてみた。

初回は“高身長”の悩めるオッサンを救うワイドパンツの選び&こなしのポイントを。

[ポイント]
しなやかな生地の長めレングスを選んで、間延びした脚に“表情を作る”

羨ましいと思われがちな背の高い人。だが実は、お洒落をするうえで思わぬ障壁が存在する。文字どおり全身が縦に長く、その印象がのっぺりと間延びして見えるのだ。そして、あろうことかワイドパンツはそれをさらに際立たせ“間延びした脚”を演出しかねない。

実践したのは仲宗根 悠さん(36歳)
ブランドディレクター 身長185cm/体重77kg

学生時代はサッカーに熱中。ゆえに腿回りが太く「ワイドデニムをよくはいていた」とか。大柄なぶん、のっぺりしがちな印象を避けるべく、当時から四苦八苦したようで……。

 

それを打開するのが、しなやかで柔らかい(=ハリのない)生地で仕立てたワイドパンツである。レングスは長めを選んで、足元でワンクッションさせてみると、あら不思議!パンツ表面に生まれるドレープが脚に表情を与え、結果、全身がグッドバランスに仕上がる。

 

上質素材のサマースラックスで軽やかなドレープを堪能

上質素材のサマースラックスで軽やかなドレープを堪能
パンツ3万4000円/オーラリー 03-6427-7141、カーディガン4万3000円/ストーンアイランド 03-6271-4654、Tシャツ7000円/アダム エ ロペ 0120-298-133、スニーカー1万2000円/コンバース 0120-819-217

極細繊維のウールにシルクを混紡したスラックスは、薄くてしっとりした上質な素材感。だからこそ、インパクトのあるワイドストレートシルエットにして洗練された佇まいに。それでいて、休日に相応しいリラックス感もある。

極細繊維のウールにシルクを混紡したスラックスは、薄くてしっとりした上質な素材感。

「普段は堅苦しいスラックスを避けてきた」と言う仲宗根さんにとっては2重の驚きがあったようだ。「太いデニムを腰ばきして生地をたるませるのには抵抗がありましたが、これなら子供っぽくは見えないし新鮮ですね」。また、2タックが入ることでドレープをより強調してくれる点も見逃せない。

NEXT PAGE /

立体感あり、リラックス感あり。
大人のワイドテーパード、ここにあり

立体感あり、リラックス感あり。大人のワイドテーパード、ここにあり
パンツ4万7000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、シャツ2万5000円/ウィーウィル(ウィーウィル ギンザ 03-6264-4447)、Tシャツ5800円/ヴァンズ(カリフォルニア デプト 原宿店 03-5413-6947)、靴5万円/ソロヴィエール(エストネーション 0120-503-971)

濃紺のワイドテーパードパンツを、ルールに則り足元でワンクッション。さらりとしたトロピカルウールの表情に、ナチュラルな立体感が加わった。

濃紺のワイドテーパードパンツを、ルールに則り足元でワンクッション。

「ベルトループ付きだけど内側にドローコードもあって、ルームウェア的なリラックス感がありますね」。シャツ一枚の軽快な上半身とのバランスも良く、大人の余裕すら感じられる夏スタイルに仕上がった。

 

川田有二=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸、谷中龍太郎、今野 塁、菊地 亮=文

# サマパン# ワイドパンツ# 高身長
更に読み込む