パンツを夏専用に変えて、気持ちよすぎるお洒落体験を! 大人の“サマパン”超活用術 Vol.54
2019.06.19
FASHION

グレー、ネイビー、ベージュ。定番色のボトムスには鮮やかなトップスを

色っぽいのはちょっと苦手でも、いい年した我らオッサンを若々しく見せてくれる、鮮やかな色となると話は別だ。

着て“サマー”になるコツは、まずデザインで奇をてらわない。シンプルなものをさらっと楽しむ。ほら、親近感が湧くでしょ?

 

鮮やかなイエローが呼び覚ます記憶

現地の陽射しと当時の熱狂に思いを馳せつつ、鮮やかなイエローのロンTを。
カットソー9800円/ステューシー(ステューシー ジャパン 0548-22-7366)、パンツ3万6000円/ロンハーマン デニム(ロンハーマン 03-3402-6839)、ブーツ2万2000円/クラークス(ビームス 原宿 03-3470-3947)

かつて我らを大いに夢中にさせた南カリフォルニアの老舗ブランド。現地の陽射しと当時の熱狂に思いを馳せつつ、鮮やかなイエローのロンTを。グレーのコーデュロイパンツもトーンを合わせて薄めが正解。

 

見てよし、着てよしはウソじゃない

グレンチェックの優雅さと、ワイドシルエットのリラックス感をパンツで両取り。そこにアクセントを利かせるのが、赤いスウェット。
スウェット1万5000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、パンツ4万9000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798、スニーカー1万2800円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)

グレンチェックの優雅さと、ワイドシルエットのリラックス感をパンツで両取り。そこにアクセントを利かせるのが、赤いスウェット。肩を落とした仕様で、着心地は見た目以上の快適さ。これ、真っ赤なホントだ。

 

派手よりモダンなサーモンピンク

サーモンピンクのシャツは、広めの身幅に大きめの胸ポケットとディテールで遊ぶ。
シャツ9723円/コス(コス 銀座店 03-3538-3360)、Tシャツ9000円[2枚セット]/ヘインズ フォー RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、デニム1万2000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、スニーカー1万1000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)

サーモンピンクのシャツは、広めの身幅に大きめの胸ポケットとディテールで遊ぶ。だから派手というより、むしろモダンな仕上がり。だからキリッとしたリジッドデニムに合わせたくなるんだ。グッと落ち着いて見えるからね。

NEXT PAGE /

お馴染みの刺繍までビビッドに

ライムグリーンのボディに、お馴染みの“ポニー”をオレンジの刺繍のTシャツ。
Tシャツ7000円、パンツ2万5000円/ともにポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)、靴1万1000円/クリアウェザー スケートボーディング(アーバンリサーチ iD ルミネエスト新宿店 03-6457-7998)、ソックス2000円/ストリートドリームスマガジン(フリークス ストア渋谷 03-6415-7728)

ライムグリーンのボディに、お馴染みの“ポニー”をオレンジの刺繍で。米国トップブランドのサマーカジュアルを体現するTシャツを、かの地のアイコニックなバードウォッチ柄のリネンパンツとともに。

 

シルエットもディテールも、実に気分

ネイビーのワークパンツに華を添える、同系色のナイロンシャツ。
シャツ4万6000円、Tシャツ1万6000円/ともにアミ アレクサンドル マテュッシ(アミ オモテサンドウ 03-5778-4472)、パンツ2万1000円/ディッキーズ×フレッシュサービス(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 03-5775-4755)、スニーカー5800円/コンバース 0120-819-217、サングラス3万7000円/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン 03-3514-2950)

ネイビーのワークパンツに華を添える、同系色のナイロンシャツ。爽やかなサックスブルーもさることながら、ややオーバーサイズのボックスシルエットが開放感を与えてくれる。しかも超軽量で開襟仕様と、実に気分だ。

 

川田有二=写真 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸、谷中龍太郎、今野 塁、菊地 亮=文

# サマパン# トップス# ブライトカラー
更に読み込む