パンツを夏専用に変えて、気持ちよすぎるお洒落体験を! 大人の“サマパン”超活用術 Vol.58
2019.06.18
FASHION

業界で話題のヘアサロン「駿河台 矢口」が提案する2つのスタイル

俺たちが求める髪型とは?それは、遊び心や自己主張をしつつも、例えばビジネスの場などの公の場でも不遜にならず、信頼感と清潔感を獲得できるヘアスタイルのはず。
そこで、トレンドを発信するヘアサロンや個性派バーバー全7軒と一緒に考えた大人のための最新ヘアスタイルガイド。

人気ヘアメイク矢口さんのセンスを学んだスタッフが在籍する「SURUGADAI YAGUCHI」がオススメするスタイルサンプルがこれだ!


SURUGADAI YAGUCHI(駿河台 矢口)
雑誌や広告のヘアメイクはもちろん、連載コラムの執筆など、業界内外で存在感を発揮している矢口憲一さんが手掛けるサロン。氏が信頼を置く2人のスタイリストとともに、完全予約制で営業。フィンユールなど北欧家具で揃えた店内も心地良い。カットは6000円〜。


 

▪️ストリートスタイルに合うミドル

ストリートスタイルに合うミドル
エンジニア 宅万勇太さん Age 35

アレンジしやすいように前髪は長めに残す
トップは余計な膨らみを抑えるように、段を入れながらカットし、襟足はすっきりと。アップにしても、七三分けしてもセットしやすいよう、前髪は15cmほど残している。

ハチが張り出し気味なのでサイドは短く
トップに向かってグラデーションをつけながらサイドを短く刈り上げ、ツーブロックの境目を高い位置に設定。ハチが張り気味のシルエットを修正し、コンパクトで清潔感のある仕上がりに。

長さを残しストリートな雰囲気のツーブロックに
365日ナイキを着用する、筋金入りのスポーツカジュアル派。昨年、エアマックスを自分仕様にデザインするコンテスト「ナイキ オン エア」で、東京エリア優勝を獲得した経歴も持つ。

NEXT PAGE /

▪️吉田栄作風さわやかセンターパート

吉田栄作風さわやかセンターパート
建築事務所勤務 原田良平さん Age 35

中分け=センターパートが復活?
自分でセットしやすいように前髪は残している。ジェルできっちり固めるのではなく、ヘアオイルを付けた手で軽くかきあげながら、分け目を作るだけでOK。

耳の周りと襟足はハサミで短くカット
頭の形を良く見せるように後頭部のボリュームは残し、襟足に向かって短くなるようにハサミで切り揃えている。サイドもバリカンではなくハサミで3cm程度に揃え、やりすぎないツーブロックに。

年齢より若く見えすぎずセットが簡単なスタイルに
痩せ型で童顔な原田さんだが、カット後は年相応に見えて、男の色気を感じさせるヘアスタイルに。3年前に上京して現在の会社に勤務するようになってから、高校時代からの知人である音成さんにカットを依頼している。

 

[教えてくれた人]

スタイリスト 須賀 瞳さん
職種とイメージに合わせてご提案します
3年前から矢口さんに師事し、メイクの仕事と並行して同店でカットを担当。女性目線でその人に似合う髪型を、半歩先のトレンドとともに提案してくれるのがありがたい。

スタイリスト 音成 健さん Age 30
たまにはいつもと違う髪型に挑戦してみては?
以前は別のサロンに勤めながら矢口さんに師事していたが、昨年からこの店を中心に活動。今回は、’90年代初頭に流行した髪型をアップデートするテクニックを披露してくれた。

駿河台 矢口
住所:東京都千代田区神田駿河台3-5 大池ビル2F
電話:03-5577-3271
※完全予約制
surugadai.yaguchi@gmail.com

清水健吾=写真(人物) 石井文仁、三浦安間、小野大樹=写真(取材) yoboon(coccina)=ヘアメイク 川瀬拓郎=編集・文

# ヘアサロン# ヘアスタイル
更に読み込む