2019.06.17
FASHION

都市生活者の武器となる“ハイパフォーマンス”な夏のパンツ

多くのブランドが追従する機能服の先頭を走るアウトドアスポーツブランド。今、余念のない研究・開発から生まれた高機能服が満を持して都会を志向し始めている。その快適性とシャープなビジュアルを武器とするこれらを、サマパンとして活用しない手はない。

左から2万4000円/ゴールドウイン 0120-307-560、2万8000円/アークテリクス 03–6631–0833、2万9000円/マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597

1_GOLDWIN ゴールドウイン

スキーウェアを原点とする日本の老舗が、2018年に野山から都会までをも含むライフスタイルを提案するブランドに一新。同社が持てるさまざまな高機能を詰め込んだこちらはピケ生地に製品染めを施して自然な風合いやシワ感までをも表現したクライミングパンツだ。機能的なウェビングベルトとともに1タックを備えた今どきのシルエットに仕上げることも忘れていない。

自然な風合いやシワ感までをも表現したクライミングパンツ
どこがアウトドア?って感じがいいね! パンツ2万4000円/ゴールドウイン 0120-307-560、シャツ2万6800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、Tシャツ1万5000円/リベレイダース フォー RHC、サングラス3万8000円/ジュリアス タート オプティカル フォー RHC(ともにRHC ロンハーマン 045-319-6700)、スニーカー3万4000円/ニューバランス(ニューバランス ジャパン 0120-85-0997)、ソックス2000円/ストリートドリームスマガジン(フリークス ストア渋谷 03-6415-7728)

2_VEILANCE ヴェイランス

不動の人気と実力を誇るカナダのアークテリクス社から登場しているのは、アーバンウェアとして世に送り出したテックアパレルの先駆け的ブランド「ヴェイランス」。撥水性、防風性に優れており、ミシン縫いの内側にはすべてシームテープが施された作りや高伸縮性など機能性抜群。ウエストもゴム仕様で超快適だ。キレイなテーパードラインに一日の長あり。

アーバンウェアとして世に送り出したテックアパレルの先駆け的ブランド「ヴェイランス」。
しゃがんでもフィットするスーパーストレッチ! パンツ2万8000円/アークテリクス 03–6631–0833、スウェット1万3000円/インターナショナルギャラリー ビームス 03-3470-3948、Tシャツ3700円/フランク&アイリーン(サザビーリーグ 03-5412-1937)、スニーカー2万6000円/スペクタス(ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5808-7515)、ソックス1600円/ヘルスニット(シープ 03-3833-1641)

3_MAMMUT DELTA X マムート デルタX

アウトドア同様に街をもプレイフィールドに見立てた「アーバニアリング」を提唱するマムートが繰り出した都会ラインが、「デルタX」だ。アルパインの最高峰ライン「アイガー・エクストリーム」でも用いられる高機能を継承。独自の「ジオーガニック 3D テクノロジー」を用いたパンツは、抜群のストレッチが利いており、快適な運動性を確保。シルエットもシャープだ。

アウトドア同様に街をもプレイフィールドに見立てた「アーバニアリング」を提唱するマムートが繰り出した都会ラインが、「デルタX」だ。
ストレスフリーで長時間でも歩けそう。 パンツ2万9000円/マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597、ニット2万8000円/コバート(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、Tシャツ9800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、スニーカー1万3000円/ハフ(ハフ ジャパン 0548-24-1250)


川田有二=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸、谷中龍太郎、今野 塁、菊地 亮=文

# アウトドアブランド# サマパン# スポーツブランド
更に読み込む