2019.06.16
FASHION

スタイリストが自腹買いするコスパに優れる定番ワードローブ

大人が着たい期待のコスパ服●着回せて、着倒せて、それでいて、気負わなくていい服。それがつまり、コストパフォーマンスに優れるってこと。安けりゃいい時代も、高いが偉い時代もとうに終わった今、大人が着たい&大人が期待するコスパアイテムをガイドする。

ファッションを生業とする洒落者たちが愛する高コスパなアイテムってなんなのか。スタイリスト菊池陽之介さんには、男の定番服をテーマにベストバイ・リストを作ってもらった。

菊池陽之介さん●スタイリスト。1979年神奈川県生まれ。「オーシャンズ」のほか、雑誌などで活躍。その他、ブランドのディレクションや俳優のスタイリングも手掛ける。趣味の釣りはプロ並みの腕前。3人の子供を持つ。


コスパ品【1】「インナー用と言わず、一枚でも着たい」
ユニクロ×アレキサンダーワンのタンクトップ 約¥1,620-

このアイテムのポイント
・傑作「エアリズム」がベース ・デザイン性の高さ ・フィット感も抜群

ユニクロ×アレキサンダーワンのカットソー

毎度話題を集める、国産デイリーウェアの金字塔と人気デザイナーのコラボレーション。今季、アレキサンダー・ワンが手掛けたのは、吸水・速乾・接触冷感に抗菌防臭など、盤石な機能性を備えた傑作インナー「エアリズム」。ネックと袖ぐりが幅広めのバインダーリブになったタンクトップはフィット感も抜群。

「見た瞬間にゲットしました(笑)。シンプルなタンクトップだけど、さすがのクオリティ。アレキサンダー・ワンのシャープなデザインで、ただのインナーにしたくないほどの一枚に仕上がってます」。


コスパ品【2】「自分史上最高のヘインズです」
ヘインズ フォー RHCのパックT(2枚入り) 約¥9,720-

このアイテムのポイント
・ポケットありとなしをパック ・RHC別注という特別感 ・パックまでかわいい

ヘインズ フォー RHCのパックTシャツ

言わずと知れた名門・ヘインズに人気ショップが別注した2枚パックTは、ポケットあり&なしがセットというのが面白い。ヘインズの中でも上質なプレミアムコットンを使っていて、肌触りの良さも格別。

「パックTはたくさん見てきましたが、その中でもこれは、襟の開き具合や生地感など本当によく考えられてますね〜。1枚で着てもちゃんとサマになります」。

スペシャルパッケージのデザインもよく、「破るのがもったいない(笑)」と菊池さん。

NEXT PAGE /

コスパ品【3】「3.5シーズン使えるクオリティです」
H ビューティ&ユースのGジャン 約¥34,560-

このアイテムのポイント
・リアルな加工 ・今っぽいシルエット ・高い汎用性

H ビューティアンドユースのデニムジャケット

少し低めの位置につけたフロントポケットや、メリハリのあるアタリに自然な色落ちなど、ヴィンテージのルックスを再現しつつ、モダンなゆったりシルエットで仕上げた温故知新なGジャン。

その完成度と実用性を踏まえ、菊池さんは“高コスパ”だと太鼓判を押す。

「魅力はやっぱり加工技術の高さとこのシルエットに尽きます。オーセンティックなトラッカージャケットの表情をちゃんと踏襲しながら、着るとちゃんと今っぽいバランスになる。肌寒い日とかはTシャツに羽織れますし、アウターのインナーにも使えます。3.5シーズン着れるんじゃないですか?」。


コスパ品【4】「追加で3足買いしました」
キス×スタンスのソックス 各約¥3,000-

このアイテムのポイント
・NYのスニーカーショップ別注 ・肉厚な生地 ・フィット感抜群!

キス×スタンスのソックス

落ち着いた配色でメランジとソリッドカラーを切り替えたソックスは、スニーカー好き御用達の人気ブランドと遊び心満点のソックスが十八番の注目株とのコラボ。くるぶし部分に入るロゴが洒落ている。

「左右にそれぞれのブランドロゴを入れたデザインが気が利いてます。実際に履いてみたら服にも合わせやすくて、思わず3足買い足しました(笑)」。

肉厚な生地は履き心地もよく、スニーカーとの相性も抜群だ。


コスパ品【5】「素晴らしい! のひと言に尽きる一枚です」
オーラリーのシャツ 約¥30,000-

このアイテムのポイント
・飛ぶ鳥を落とす勢いのブランド ・品質と実用性のバランス ・絶妙な色合い

オーラリーのシャツ

しなやかで上質なコットン生地で仕立てたシャツは、自社で素材開発まで行うオーラリーの醍醐味がしっかり味わえる1枚。少しゆとりを持たせたシルエットと、ありそうでなかったモスグリーンの色合いも新鮮だ。

「この色味が絶妙ですね。しなやかな生地も気持ち良く、シワにもなりにくいので実用的。上質さと機能性、どちらもあるグッドデザイン。素晴らしいのひと言に尽きます。このクオリティでインポートブランドだと……そう考えると、コスパ高いですよ、これは」。


※問い合わせ先の表記がないものは、すべて紹介者の自己申告によるおおよその価格です。

高橋絵里奈=写真 今野 壘=文

# オーラリー# ヘインズ# ユニクロ# コスパ# スタイリスト# 目利き
更に読み込む