2019.06.14
FASHION

自然体でカッコいい。大人の「開襟シャツ」正しい着こなし4例

「胸襟を開く」なんて言うくらいだし、昔から胸元のゆとりと飾らない自然体とは蜜月関係にあったらしい。

楽しい柄で気分もアガるし、日焼け肌にも似合う。それに、どこか品良く見えるのがうれしい。心地良さに正直な大人って、こんなにカッコいいんだゼ。


【1】レトロなものこそ、今っぽい着こなしで

落ち着いて見える黒ボディなので、滑らかなホップサック地のグレーパンツと合わせた大人のモノトーンコーデで都会的に。
シャツ2万9000円/ワコマリア(パラダイス トウキョウ 03-5708-5277)、パンツ1万5000円/ラングラー フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、Tシャツ5500円/ティーシーエスエス(ポートオブコール 表参道 03-6434-0231)、サンダル9200円/アダム エ ロペ 0120-298-133

テロッとしたリヨセル生地にダイヤ柄が映える1枚は、’50年代の古着から着想を得たクラシックなもの。落ち着いて見える黒ボディなので、滑らかなホップサック地のグレーパンツと合わせた大人のモノトーンコーデで都会的に。


【2】力は抜けてる、でも手抜き感はまったくなし

それもそのはず、実はこれ、セットアップとしてパンツ(別売り)の用意もあるパジャマシャツ。
シャツ1万7000円/コンテンポ(ヤエカ ホーム ストア 03-6277-1371)、パンツ2万5000円/セラー ドアー(エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455)、Tシャツ1万3000円/ダニエル W.フレッチャー(アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店 03-6721-1683)、サンダル1万4900円/チュバスコ(アダム エ ロペ 0120-298-133)

そこはかとなく漂うリラックス感。それもそのはず、実はこれ、セットアップとしてパンツ(別売り)の用意もあるパジャマシャツ。インドで手織りされたチェックのコットン地は風合いも良く、今夏街着としての活用を推薦。ユルめのイージースラックスで、どこにいたって自宅のような快適さに。


【3】夏はダークトーンも、これくらい軽やかに

さらには国産の上質な生地によるフラミンゴ柄のシャツとクリース入りのクロップト丈デニムで、品良く遊び心も覗かせて。
シャツ1万2800円/タウン(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、デニム1万3800円/モンキータイム(モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店 03-5464-2773)、Tシャツ1万7000円/ストーンアイランド 03-6271-4654、サンダル1万7000円/ビルケンシュトック(ヤエカ ホーム ストア 03-6277-1371)、サングラス5万8000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

シックな色みも重たく見せない、全身ゆったりの絶妙なサイズバランス。さらには国産の上質な生地によるフラミンゴ柄のシャツとクリース入りのクロップト丈デニムで、品良く遊び心も覗かせて。むやみに色数を足さなくたって、こんなに着こなしは表情豊かになるのだ。


【4】クリーンで涼しげ、大人の休日かくあるべし

ダスティブルーにリーフ柄プリントを施した1枚は、その名も「タヒチシャツ」。
シャツ3万1000円/エディションズ MR(ビオトープ 0120-298-133)、パンツ5万1000円/ピーティーゼロウーノ(PT ジャパン 03-5485-0058)、Tシャツ9000円[2枚セット]/ヘインズ フォー RHC(RHC ロンハーマン 045-319-6700)、サンダル2万6500円/ユケテン(ワイルド ライフ テーラー 0120-298-133)、サングラス3万4000円/モスコット(モスコット トウキョウ 03-6434-1070)

陽射しが強けりゃ強いほど、淡色の清涼感は際立つもの。ダスティブルーにリーフ柄プリントを施した1枚は、その名も「タヒチシャツ」。優しい色合いのパンツと合わせれば、上品なリゾートスタイルが一丁上がり!


川田有二=写真 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司、いくら直幸、谷中龍太郎、今野 塁、菊地 亮=文

# オープンカラー# サマパン# 開襟シャツ
更に読み込む