「服を着回す」って超エンタテインメント! 部長びんびん“着回し”物語 Vol.42
2019.05.30
FASHION

【前編】渡辺タケシ着回し7Days! 課長びんびん“着回し” 出張物語

大人気企画「部長びんびん“着回し”物語」スピンオフシリーズ第三弾は、部下たちから陰で“仏のナベさん”と呼ばれている亞藤忠物産、繊維部門の課長・渡辺タケシ。仕事もお洒落もスマートにこなす、平山ユースケ部長に続く出世頭である。

このたび販促プロジェクトのリーダーとして、クライアントが拠点とするNYでの新作発表会を兼ねたレセプションに出席、そのまま現地を視察することに。

そんなタケシ課長が一週間のNY出張に持っていったワードローブがこちら!

タケシ課長の「能ある鷹は爪を隠すワードローブ」

ナベタケ課長
【A】「ボス」のトラベルスーツ
【A】「ボス」のトラベルスーツ
ストレッチ性のある上質ウール素材で仕立てられたトラベル仕様の2Bスーツ。遠目無地に見えるが、実はマイクロパターンという奥ゆかしさも気に入っている。11万円/ヒューゴ ボス ジャパン 03-5774-7670
【B】「麻布テーラー」のストレッチジャケット
【B】「麻布テーラー」のストレッチジャケット
風合いの高いコットンツイルを使用。トラッド好きに刺さるAMFステッチ入りの3B段返り。伸縮性が高く、かっちり見えて着心地は最高だ。6万7500円[オーダー価格]/麻布テーラー 03-3401-5788
【C】「麻布テーラー」のストレッチパンツ
【C】「麻布テーラー」のストレッチパンツ
ストレッチの効いたコットンツイルパンツ。ワンタック入っていて少し個性が醸せる点に、単体としての使い勝手を感じヘビロテ中。チノパン風にこなせて便利。3万6000円[オーダー価格]/麻布テーラー 03-3401-5788
【D】「イレブンティ」のアンコンジャケット
【D】「イレブンティ」のアンコンジャケット
リネン×ナイロンが季節感たっぷりのアンコンジャケット。鹿の子地による表情の豊かさと通気性の良さ、そして、シワになりにくさで出張服のメンバー入り。8万5000円/バインド ピーアール 03-6416-0441
【E】「マッキントッシュ フィロソフィー」のイージーケアシャツ
【E】「マッキントッシュ フィロソフィー」のイージーケアシャツ
アイロンがけ不要の「イージーケア」素材を使用したブルーシャツ。さらには、吸水速乾性、ストレッチ性も備えており、出張時の神シャツと崇める1枚。1万3000円/SANYO SHOKAI 0120-340-460
【F】「マリア サンタンジェロ」のストライプシャツ
【F】「マリア サンタンジェロ」のストライプシャツ
Vゾーンの変化がキモとなる長期出張においてストライプシャツは不可欠な存在。コットン×リネンの優しい風合いで、シワも味となるから便利だ。2万6000円/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
【G】「エリコ フォルミコラ」のデニムシャツ
【G】「エリコ フォルミコラ」のデニムシャツ
くだけつつ洒落込みたい場合に重宝するデニム生地。ナポリのシャツメーカーの仕立てで、襟や袖の仕立てからエレガンスが漂ってくる。2万3000円/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
【H】「ジョン スメドレー」のハイゲージニット
【H】「ジョン スメドレー」のハイゲージニット
リラックスしたいときや急な防寒にも使えるハイゲージニット。コンサバ好きにとってシーアイランドコットンの心地良さは何物にも代えがたし。2万8000円/リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238
【I】「フレッドペリー」の機能素材ポロシャツ
【I】「フレッドペリー」の機能素材ポロシャツ
ポロシャツ界の不動のエースにエディフィスが別注。保形性や伸縮性を持つ多機能繊維ソロテックスからなる立体的な編み地はさらりと快適だ。1万3500円/エディフィス 新宿 03-5366-5481
【J】「ヤコブ コーエン」のブラックストレッチデニム
【J】「ヤコブ コーエン」のブラックストレッチデニム
品番「J676」は、ツウに人気のスラックス型デザイン。デニムの風合い、黒のエレガンス、チノの気軽さと三拍子揃っており、非常に重宝している。5万7000円/ヤコブ コーエン ギンザ シックス 03-3572-0017
【K】「コール ハーン」の軽量靴
【K】「コール ハーン」の軽量靴
ウイングチップのレザーアッパーと独自開発のアウトソールが融合。軽量でクッション性が高くエレガントな「オリジナルグランド」は旅の必需品。4万5000円/コール ハーン ジャパン 0120-56-0979
【L】「フラテッリ ジャコメッティ」のブラウンローファー
【L】「フラテッリ ジャコメッティ」のブラウンローファー
空港に到着、足元を見て驚いた。「アレ、 これ違う!」。つい癖で突っかけたのが、普段ヘビロテ中の本格革底ローファー。ちょっと重たいが、履きなれた靴なら問題ないか。9万8000円/ウィリー 03-5458-7200
【M】「ホリデー&ブラウン」のタイ
【M】「ホリデー&ブラウン」のタイ
国際的な要人にならい、暖色のストライプが目に鮮やかないわゆるパワータイを用意。見た目のインパクトは、押しの弱さを助けてくれるか? 1万2000円/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
【N】「フィオリオ」のニットタイ
【N】「フィオリオ」のニットタイ
通常使用でつぶしが利くのはネイビーのニットタイ。剣先を備えるタイプなので、カジュアルなジャケパンでも少しかしこまって見えるから、あらゆる場面に◎。1万6000円/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
【O】「ブリーフィング」のバッグ
【O】「ブリーフィング」のバッグ
2-WAYブリーフ「B4ライナー」は、PCスリーブや各種ポケットを備える万能型。トロリーのハンドルにセットできるバックルも装備する。4万9000円/ブリーフィング ギンザ シックス 03-6263-9888
【A】「ボス」のトラベルスーツ
【B】「麻布テーラー」のストレッチジャケット
【C】「麻布テーラー」のストレッチパンツ
【D】「イレブンティ」のアンコンジャケット
【E】「マッキントッシュ フィロソフィー」のイージーケアシャツ
【F】「マリア サンタンジェロ」のストライプシャツ
【G】「エリコ フォルミコラ」のデニムシャツ
【H】「ジョン スメドレー」のハイゲージニット
【I】「フレッドペリー」の機能素材ポロシャツ
【J】「ヤコブ コーエン」のブラックストレッチデニム
【K】「コール ハーン」の軽量靴
【L】「フラテッリ ジャコメッティ」のブラウンローファー
【M】「ホリデー&ブラウン」のタイ
【N】「フィオリオ」のニットタイ
【O】「ブリーフィング」のバッグ

改めて「タケシ課長びんびん“着回し”出張物語」のあらすじを

K学院大国際経営学部卒後、亞藤忠物産入社した渡辺タケシ。小学校から大学までラグビー部に所属。ポジションは長身選手が務めるロック。スクラムを支えるがごとく組織を支える。

趣味は、コーヒー焙煎とパン作り。パンクな妻とバスケに励む小学生の娘とともに神奈川県・元住吉のマンション住まい。

熱血的なユースケ部長に比べれば、闘志は内に秘めるタイプで、温厚に営業一課をまとめている。その半面、押しの弱さは玉にキズ。ただ努力は惜しまないタチで、今回のNY出張の目的でもある、外資系下着ブランドの販促プロジェクトもきっちり進行中だ。

コンサバ服を愛するが、理由はどう合わせてもキマるからという合理的なもの。機能服を取り込むのもうまく、パッキングだってお手の物。靴だけには、持ち前のオタク心が疼く。

準備は整った。いざ出発だ!

NEXT PAGE /

Day 1 Mon.
次から次へと受信するメールの波にのまれつつ

スーツケースH86.5×W40.5×D33cm 16万円/トゥミ 0120-006-267、腕時計92万5000円/ゼニス 03-5524-6420

長旅を終え、ホテルに到着。朝飛んで同日朝に着く、この感じも少し慣れてきた。スマホを開けると、部下である呉山ケンジから至急案件のメールが入っていた。休暇を前にケツに火がついているという企画書のチェックだ。日本時間の朝までに戻せという文面はガサツさを感じさせるが、彼のキャラクターと割り切っている。なんだかんだ結果を出しているからだ。

今晩は先乗りしているクライアントと軽くメシに行くことになっているが、それまではフリー。少し巡りたい場所もあったのだが、ひとまずロビーにあるカフェで仕事だな。どこでも仕事ができる時世がいいのか、悪いのか。とつかの間、またメールを受信。今度は別の部下からの見積もりチェックだ。

どうやらこの調子で1日仕事? 自分にとっては出張用でないレザーローファーが、なんだか急にキツく感じ始めてきた。

着回しアイテム

【B】「麻布テーラー」のストレッチジャケット 【I】「フレッドペリー」の機能素材ポロシャツ 【J】「ヤコブ コーエン」のブラックストレッチデニム 【L】「フラテッリ ジャコメッティ」のブラウンローファー

【B】「麻布テーラー」のストレッチジャケット
風合いの高いコットンツイルを使用。トラッド好きに刺さるAMFステッチ入りの3B段返り。伸縮性が高く、かっちり見えて着心地は最高だ。6万7500円[オーダー価格]/麻布テーラー 03-3401-5788

【I】「フレッドペリー」の機能素材ポロシャツ
ポロシャツ界の不動のエースにエディフィスが別注。保形性や伸縮性を持つ多機能繊維ソロテックスからなる立体的な編み地はさらりと快適だ。1万3500円/エディフィス 新宿 03-5366-5481

【J】「ヤコブ コーエン」のブラックストレッチデニム
品番「J676」は、ツウに人気のスラックス型デザイン。デニムの風合い、黒のエレガンス、チノの気軽さと三拍子揃っており、非常に重宝している。5万7000円/ヤコブ コーエン ギンザ シックス 03-3572-0017

【L】「フラテッリ ジャコメッティ」のブラウンローファー
空港に到着、足元を見て驚いた。「アレ、 これ違う!」。つい癖で突っかけたのが、普段ヘビロテ中の本格革底ローファー。ちょっと重たいが、履きなれた靴なら問題ないか。9万8000円/ウィリー 03-5458-7200

本当は「コール ハーン」の軽量ローファーを持って行きたかったタケシだが……

本当は「コール ハーン」の軽量ローファーを持って行きたかったタケシ
3万6000円/コール ハーン ジャパン 0120-56-0979

思わずいつものローファーを履いてきてしまった、うっかりタケシ。準備していたのは、こう見えて実は超軽量タイプのもの。茶のローファーはデニムやチノと相性良く、タケシのお気に入りなのだ。

NEXT PAGE /

Day 2 Tue.
軽快な鎧で身も心も引き締まる

それを踏まえて用意したのが、ヨーロッパでも定評のあるボスのトラベルジャケット。

来季登場する新作発表会に出席。会場が名門ホテルのバンケットということに加え、現地スタッフとも半年ぶりに会う。何よりヨーロッパチームも訪れるから、スーツが望ましいだろう。大挙して訪れる彼らは、皆スーツをビシッとキメて来るのだ。逆にNYチームは皆ジャケパンで少しゆるめ。

前回は、日本のトレンドを意識したジャケパンが少し浮いてしまったという苦い経験がある。それを踏まえて用意したのが、ヨーロッパでも定評のあるボスのトラベルジャケット。素材感も上質なうえ、ストレッチの利いた快適仕様。

ニットタイとブルーシャツのVゾーンによるワントーンコーデが我ながらいい感じ。

スーツは鎧と言われるが、これほど心地いい鎧なら大歓迎だ。ニットタイとブルーシャツのVゾーンによるワントーンコーデが我ながらいい感じ。敬愛するアナン元国連事務総長並みとは言いすぎか? 軽量ウイングチップが気分まで軽くしてくれる。ひと息ついたら、いざ出陣だ。

着回しアイテム

【A】「ボス」のトラベルスーツ 【E】「マッキントッシュ フィロソフィー」のイージーケアシャツ 【K】「コール ハーン」の軽量靴 【N】「フィオリオ」のニットタイ

【A】「ボス」のトラベルスーツ
ストレッチ性のある上質ウール素材で仕立てられたトラベル仕様の2Bスーツ。遠目無地に見えるが、実はマイクロパターンという奥ゆかしさも気に入っている。11万円/ヒューゴ ボス ジャパン 03-5774-7670

【E】「マッキントッシュ フィロソフィー」のイージーケアシャツ
アイロンがけ不要の「イージーケア」素材を使用したブルーシャツ。さらには、吸水速乾性、ストレッチ性も備えており、出張時の神シャツと崇める1枚。1万3000円/SANYO SHOKAI 0120-340-460

【K】「コール ハーン」の軽量靴
ウイングチップのレザーアッパーと独自開発のアウトソールが融合。軽量でクッション性が高くエレガントな「オリジナルグランド」は旅の必需品。4万5000円/コール ハーン ジャパン 0120-56-0979

【N】「フィオリオ」のニットタイ
通常使用でつぶしが利くのはネイビーのニットタイ。剣先を備えるタイプなので、カジュアルなジャケパンでも少しかしこまって見えるから、あらゆる場面に◎。1万6000円/ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623

【O】「ブリーフィング」のバッグ
2-WAYブリーフ「B4ライナー」は、PCスリーブや各種ポケットを備える万能型。トロリーのハンドルにセットできるバックルも装備する。4万9000円/ブリーフィング ギンザ シックス 03-6263-9888

NEXT PAGE /

Day 3 Wed.
柔らか頭と柔らかジャケットがランチミーティングを成功に導く?

選んだのは、カーディガンライクにさらりと羽織れる鹿の子のアンコンジャケット。
ベルト2万1000円/アンドレアダミコ(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、メガネ3万円/GLCO(コンティニュエ 03-3792-8978)、腕時計92万5000円/ゼニス 03-5524-6420

昨日の発表会を踏まえ、NYチームとランチミーティング。と言っても、思いついたことをざっくばらんに話し合うといったカジュアルなもの。これが新しい販売施策の思わぬヒントになったりするものだ。

頭をなるべく柔らかく。そして、着こなしも柔らかく。選んだのは、カーディガンライクにさらりと羽織れる鹿の子のアンコンジャケット。軽量かつ伸縮性があるために、ストレスは皆無。メタルボタンが付くブレザータイプなので、デニムシャツとチノスラックスに合わせれば、大好物のトラッド感まで醸せるのがいい。

試合前はブレザーに身を包むラグビー部出身。トラッド感は身に染み込んでいる。ともあれ、結果的にいろいろなアイデアが飛び出した。リラックスした服装が柔軟な発想をもたらしてくれたのだと、タケシ課長は信じている。

着回しアイテム

【C】「麻布テーラー」のストレッチパンツ 【D】「イレブンティ」のアンコンジャケット 【G】「エリコ フォルミコラ」のデニムシャツ

【C】「麻布テーラー」のストレッチパンツ
ストレッチの効いたコットンツイルパンツ。ワンタック入っていて少し個性が醸せる点に、単体としての使い勝手を感じヘビロテ中。チノパン風にこなせて便利。3万6000円[オーダー価格]/麻布テーラー 03-3401-5788

【D】「イレブンティ」のアンコンジャケット
リネン×ナイロンが季節感たっぷりのアンコンジャケット。鹿の子地による表情の豊かさと通気性の良さ、そして、シワになりにくさで出張服のメンバー入り。8万5000円/バインド ピーアール 03-6416-0441

【G】「エリコ フォルミコラ」のデニムシャツ
くだけつつ洒落込みたい場合に重宝するデニム生地。ナポリのシャツメーカーの仕立てで、襟や袖の仕立てからエレガンスが漂ってくる。2万3000円/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 武内雅英=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# タケシ課長# 渡辺タケシ# 課長びんびん“着回し” 出張物語
更に読み込む