履けば履くほど「次」が欲しくなる、この奥深き世界よ。やっぱりスニーカーはやめられない Vol.56
2019.04.02
FASHION

月の石を持ち帰ったゼロハリバートンの “ムーントロリー” に詰まったロマン

人類初の月面飛行に携行された“ムーンウォッチ”として知られるのはオメガのスピードマスターだが、1969年当時、同じように“ムーントロリー”が存在していたことを知っているだろうか。

月の石を持ち帰るためのアルミケース。それを作ったのは、今日ラゲージメーカーとして世界的に名を馳せるゼロハリバートンなのである。

「ゼロハリバートン」のスーツケース
H68×W49×D28cm 30万円/ゼロハリバートン 0120-729-007

このトロリーはその“ムーントロリー”のホンモノを製作したアメリカ・ソルトレイクシティの工場で作られたスペシャルモデル。アルミニウム合金の板を成型してから熱をかける「コールドフォーミング」という当時と同じ製法により、高い耐久性、強度、密閉性を実現した。

いわば人類のロマンを持ち帰ってきた背景を持ちつつ、指紋認証ロック機構を搭載するなど機能面は最新。旅のロマンを分かち合うための、良き相棒となりそうだ。

 

鈴木泰之=写真 柴山陽平=スタイリング 加瀬友重、髙村将司、実川 実、iconic=文

# アルミケース# ゼロハリバートン# ムーントロリー
更に読み込む