2019.03.31
FASHION

こなれた大人は手元で遊ぶ。フレッドとバレンシアガの小物

年を食うほどに、遊び方はこなれてくる。若い頃よりスマートに、そして自由に。

それは何も行動だけの話じゃなくて、心のありようだって同じはず。見落としそうなくらいさりげない手元の粋、実はめちゃくちゃ見られてるぜ。


「フレッド」のリング

「フレッド」のリング
61万7000円/フレッド 03-3263-9413

武骨なシルバーともシブいゴールドとも違う、この気品漂う優しい佇まいはK18ピンクゴールドの柔らかいトーンと繊細な輝きの賜物。

フレッドのお家芸たる曲線美は「8°0(エイト デグリー ゼロ)」という永遠や無限を思わせるモチーフが特徴。また太めのバンドリングをベースにしたことで、男らしさも感じさせる仕上がりに。贅沢にちりばめたダイヤも決して嫌みに見えないこのサジ加減。洒脱だ。


「バレンシアガ」の財布

「バレンシアガ」の財布
H7×W10×D3cm 5万円/バレンシアガ ジャパン 0570-000-601

オーシャンズ世代が、ブランドロゴとうまく付き合っていくには、どう取り入れるのが最適か。ウェアか? キャップか? いやいや、意外とウォレットなんていいんじゃないだろうか。しかも、今をときめくこのブランドとくればおあつらえ向きだ。

もっちりとしたラムスキンを使った「エブリデイ ロゴ ミニ ウォレット」は、フロントにコインポケットを備えた3つ折り型の小型モデル。手のひらサイズで、スッと取り出したときに光るエンボスのロゴ。大人の主張は、このぐらい自然がちょうどいい。


渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング 髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

# バレンシアガ# フレッド# カタログ# リング# 財布
更に読み込む