2019.03.27
FASHION

大人の春スタイルを一着で成立させるトラッド由来のクレイジーパターン

グラフィックものはちょっと。と敬遠する向きには、クレイジーパターンはいかが。トラッドウェアから発生した正統感は、腰の重い我々の背中を押してくれるだろう。

一度手にしてしまえば、こっちのもの。何より装うのが、楽しくなるはずだ。


「ヒステリックグラマー」のジャケット

「ヒステリックグラマー」のジャケット
4万4000円/ヒステリックグラマー 03-3478-8471

大雑把に言えば“ミリタリー・ミーツ・アウトドア”。オリーブカラーの身頃にレッドとブルーをリズミカルに配置して獲得されたリミックス感は、ブランドが誇るセンスの賜物だ。


「エンジニアド ガーメンツ」のジャケット

「エンジニアド ガーメンツ」のジャケット
4万2000円/エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798

大きさの異なるドット地2種類と無地を切り替えたブランド定番の「ベイカージャケット」。パッチポケットも本体に溶け込んでしまうほど、高い柄合わせの技術が見て取れる。


「ミッソーニ」のニットとカーディガン

「ミッソーニ」のニットとカーディガン
ニット16万9000円、カーディガン20万6000円/ともに三喜商事 03-3470-8237

ニットの魔術師の異名を取るミッソーニ。お家芸のグラフィカルな文様と独特の色使いに、高度な独自技術を駆使したマルチパターンニットは、春先の装いを賑やかに彩るはず。


「インディビジュアライズド シャツ」のシャツ

「インディビジュアライズド シャツ」のシャツ
各3万2000円/メイデン・カンパニー 03-5410-9777

今もニュージャージーの工場で生産が続けられるアメリカンシャツの名門の作。左と右は同系色に、中はカラフルながらオックスフォード無地、と使い勝手は良好だ。


「マッキントッシュ」のコート

「マッキントッシュ」のコート
19万8000円/マッキントッシュ青山店 03-6418-5711

昨今コラボも積極的な名門だが、インラインにも遊び心あるアイテムが増加中だ。ラグランのゴム引きコート「ジェンツ」は、袖と前後の身頃のカラーリングを大胆に切り替えている。


渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング 髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

# エンジニアド ガーメンツ# ヒステリックグラマー# マッキントッシュ# カタログ# クレイジーパターン
更に読み込む