https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0326-9/

ビジネスシーンで、旅先で。「トゥミ」が男の本能を刺激する

このエントリーをはてなブックマークに追加

トゥミの今季のコレクションは、新たな素材や機能、カラーを積極的に用いたバッグが豊富にラインナップ。

その恩恵は、あらゆるシーンで……。


【ビジネス】
「アルファ」コレクションがアップデート

トゥミの名作「アルファ」コレクション。さまざまなサイズのブリーフケースやトロリーを揃え、世界中のビジネスパーソンたちに厚く支持されているのはご存じのとおり。受け継がれてきた伝統と最新の機能が結実し、この春からは「アルファ 3」として新たな歴史を刻んでいく。


クオリティの追求こそが名作であり続ける理由

高密度ナイロンに特殊コーティングを施した「FXTバリスティックナイロン」を使用する「アルファ」コレクション。ビジネスパーソンたちに認められてきた名作である。

2019年春、このコレクションが「アルファ 3」として再定義。その見た目はより洗練された印象に変化している。ブリーフケースのレザートリミング、トロリーのフロントレールやサイドパネルの変更がその要因。培ってきたタフネスに都会的エレガンスが加わったというわけだ。

高密度ナイロンに特殊コーティングを施した「FXTバリスティックナイロン」を使用するトゥミの「アルファ」コレクション。
ジャケット4万4000円、パンツ2万9000円/ともにアルクフェニックス(フェニックス クリエイティブ セレクトストア 03-5778-4006)、Tシャツ1万8000円/サイ(マスターピースショールーム 03-5414-3531)、靴3万9000円/デサント × ヒロシツボウチ(デサント ブラン 代官山 03-6416-5989)

[写真]
①フロントポケットの上にレインフラップが付いたブリーフケース。デジタル化により荷物が少なくなったという人には、こんなスリムなタイプはどうだろう。もちろん細身になっても使い勝手の良さに変わりなし。バッグが軽くコンパクトになれば、きっと気持ちも軽くなってくるに違いない。H28×W36×D9cm 5万7000円/トゥミ 0120-006-267

②トゥミのファンにぜひとも伝えたいのがトロリーのアップデートだ。フロントとメインの開口部両方を施錠できる新しいTSAロック。フロントからも荷物の出し入れが可能なデュアルアクセス機能。セキュリティに優れたデュアルコイルジッパー。頼りになる新たなビジネスの相棒として、ぜひ。H56×W35.5×D23cm 10万円/トゥミ 0120-006-267

もちろん変化し続ける現代のビジネスシーンに対応するための、機能面のアップデートも万全。キャリーオンサイズのトロリーにはすべて、本体一体型USBパワーポートを設置する。ポケットや荷室デザインも、使い勝手を考慮し細かい部分まで見直されている。現状に甘んじることなく理想を追求し続ける。そんな姿勢を、この名作コレクションに教わったような気がする。


【週末】
すでに使っている人も、これからの人も「バックをめぐる冒険」

強靭なナイロン素材を使用したトゥミのブリーフケースやトロリーは、ビジネスパーソンならば誰もが知っているはず。その一方で、洒落たカラーリングのマルチに活躍するバッグが揃うことも、ぜひ知っておいてほしいと思う。こんなバッグたちとともに、街歩きや小旅行の“冒険”を楽しんでみては。


「バッグをめぐる冒険」には2つの意味がある

僕らにとっての冒険は、海外旅行に出かけることや厳しい自然に身を置くことだけではなく、案外身近なところにあると思う。服を探しに街に出ることも冒険だし、家族やパートナーとともにドライブするのも冒険だ。

ちょっとした発見が新鮮な気持ちを呼び起こす。それこそが冒険のエッセンスではないだろうか。

トゥミ「アルファ ブラヴォ」コレクションの「ネリス」は、コンパクトな見た目からは想像もつかない収納力を誇るバックパック
「アルファ ブラヴォ」コレクションの「ネリス」は、コンパクトな見た目からは想像もつかない収納力を誇るバックパックだ。背面にはPCとタブレッ トの両方が収納可能。両サイドと前面にも、機能的なファスナーポケットが装備されている。「グレイハイランド」と呼ばれる、力強さと洗練を兼ね備えた都会的な迷彩柄も魅力だ。「ネリス」H40.5×W35.5×D16.5cm 5万5000円(トゥミ 0120-006-267)、コート7万4000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、メガネ4万4000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)

トゥミの今季のテーマはずばり“探険”。ブランドとしてのモノ作りの姿勢も表すこの言葉に導かれたコレクションには、新たな素材や機能、カラーを積極的に用いたバッグがラインナップする。

機能性とデザインを最適なバランスで表現した「アルファ ブラヴォ」コレクションのバッグも、アフリカの自然からインスパイアされた新色が、僕らに新鮮な驚きを与えてくれる。ブッシュのような迷彩柄、大地の砂を思わせるグレー、川面の藻に着想を得たという深いグリーンなどが用意されている。

トゥミのバッグとともに、颯爽と街の冒険に出かける。そして僕らがイメージしていたトゥミとはちょっと趣を異にする色を選んで、スタイルの冒険も楽しむ。そう、トゥミの新作バッグをめぐる冒険には、そんな2つの意味があるのだ。





【旅先】
すべては都会派の冒険家へ

愛馬に跨り、ハンドルを握り、いざソロキャンプへ。パニアケースには1人用のテントやシェラフなどのお気に入りのギアを詰め込んで、バックパックには読みかけの本や、ちょっとばかりの貴重なあれこれを詰め込む。

こんなアクティブな男の旅には、アウトドアブランドもの一択だった従来に待ったをかける存在が。今季、「探検」をテーマにしたトゥミのバックパックである。

トゥミの「タホ」コレクションより、余計な凹凸のないミニマルなシェイプが印象的な「ロックウェル」
「タホ」コレクションより、余計な凹凸のないミニマルなシェイプが印象的な「ロックウェル」を。左右の止水ファスナーから小物をさっと出し入れし、天面の蓋からメインコンパートメントにアクセスできる仕様に。内部にはPC用スリーブも備えているから、ビジネス&シティユースにも重宝する。バックパック「ロックウェル」 H45×W29×D20.5cm 4万7000円(トゥミ 0120-006-267)、ジャケット9万6000円/ベルスタッフ(ベルスタッフ 銀座ストア 03-6263-9978)、デニム5万3000円/デンハム(デンハム・ジャパン 03-3496-1086)

タウン&カントリーで頼れる進化系バックパック

都会のビジネスパーソンというイメージが強いブランドだが、「タホ」コレクション(カリフォルニアにある雄大な湖の名から命名された)は、バイクツーリングや、キャンプなどのアウトドアシーンでの使用にも応える機能ディテールを装備。それでいてトゥミらしい洗練されたミニマルデザインだから、シティユースにもまったく違和感がないのがポイントなのだ。

都会に軸足を置きながら自然のある場所を往来する人のための、最良な相棒となりそうだ。

トゥミの「アズ テック コンパクト・バックパック」
[左]背負ったままでも小銭を素早く出し入れできる [右]有能ディテールで雨を天敵にしない/「アズ
テック コンパクト・バックパック」 H39.5×W24×D10.25cm 3万8000円(トゥミ 0120-006-267)

静かな見た目のスゴいやつ。「タホ」コレクション

これまでのトゥミが培ってきた設計思想にアウトドアでの機能性を加えた「タホ」コレクション。内部の収納物を視認しやすくする反射材のライニング、PC用スリーブと多数の小物ポケット、レインカバーなど、ミニマルデザインのなかに必要な機能を集約させる。


[問い合わせ]
トゥミ・カスタマーセンター
0120-006-267
www.tumi.co.jp

[ビジネス・週末]渡辺修身=写真 石黒亮一=スタイリング Takuya Baba(SEPT)=ヘアメイク 加瀬友重=編集・文 [旅先]清水将之(mili)=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 星 光彦=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 川瀬拓郎=編集・文 BMWモトラッド=撮影協力

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ネイビー×オーバースペック=魅力∞」。定番バッグを感動モノにするトゥミの方程式
2017.04.25
豪雨にも負けられない戦いが、そこにある。“雨に強い”選抜バッグ
2018.07.05
鍛えているヤツが得する!? 精悍さへの道へと続く秘密の扉を持つバッグ
2018.10.10
手放しに「イイね」と思える!優秀すぎる別注メンズバッグ8選
2017.10.18
デキるオトコの相棒に。アイデア満載の高機能バッグ7選
2018.04.09
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12