https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0318-8/

ロンハーマンとバリの人気ホテルのコラボTシャツが全部イケてる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

いかにも南国といった雰囲気のなかくつろぐマーシーこと三浦理志さん。ここは撮影で訪れたバリ島チャングーにあるホテル「ザ・スロウ」のダイニング。ザ・スロウは観光客がひっきりなしに訪れる人気ホテルで、あのロンハーマンが今回コラボした相手でもある。

ロンハーマンがホテルとコラボ? そのカラクリは……

南国のリゾート気分を存分に味わえるチャングーの人気ホテル「ザ・スロウ」。

この数年で開発が急進し、今やバリ随一の人気リゾートへ躍り出たチャングー。ザ・スロウはこのニューエリアで数多くの観光客を虜にしてきたワケだが、その魅力の一端を担うのは「アート」である。

客室やダイニングなど、いたる所に飾られたアート作品の数々はゲストの目を釘付けにして離さない。作品の所蔵者はホテルのオーナー、ジョージ・ゴロウ氏。デニムブランド「スビ」の元ディレクターで、無類のアート好きとしても知られる彼は、ホテルの一室をギャラリー専用スペースにし、常にアーティストたちのエキシビションを開いている。

実はロンハーマン、このザ・スロウで展示されたアート作品を「Tシャツに落とし込む」という手法で、ホテルとのコラボを実現したのだ。例えばこんな感じで。

8000円/ザ・スロウ フォー ロンハーマン(ロンハーマン 03-3402-6839)

ご覧のとおり、ネタはマーシーの背後に飾られていた写真。アーティストは“海”をテーマに据えるオーストラリアのフォトグラファー、GREG NAGEL氏のものだ。このようにロンハーマンが採用した作品は全18アーティスト、20作品にものぼる。その一部を見せしよう。

すべて例外なくカッコいいのも、当然と言えば当然である。なにせ、バリで最も芸術的なホテル、ザ・スロウのこだわりのコレクションの中から、さらにロンハーマンが厳選に厳選を重ねたんだから。

アートとファッションが融合した至高のコラボ作。部屋に飾ってバリの空気を楽しむのもありかも?

いずれにしても、1つに絞る必要はなし。出会った瞬間が運命のときだと思って、好きなだけコレクションすべし。アート同様“次の機会”はきっと用意されていないから。

ちなみに、発売日の3月21日(木)から一週間、ロンハーマン カフェ千駄ヶ谷店では、ザ・スロウの人気メニュー「パッタイ」がオーダー可能とのこと。こちらもぜひ。


[問い合わせ先]
ロンハーマン
03-3402-6839

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランバンのTシャツに隠された常に“前向き”でいられるギミック
2019.04.01
ロンハーマンが目指した90年代ラルフ ローレンの世界
2019.03.01
ロンハーマンがOAMCと作った、すべての40代に刺さる春服
2019.02.22
いくつわかる? プリントTシャツで測る音楽&映画の元ネタ検定
2019.02.17
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12