種カジのタネあかし Vol.29
2019.03.05
FASHION

大人のヘアスタイル問題。キマってる人が愛用するスタリング剤をタネあかし

白髪も出てくるし、ハリもコシもなくなるし、抜けもするし。まさに“ないない尽くし”な40代の髪の毛問題。そこに「カッコいいよりも重要なことがある」って言葉の真理はあるのだが、それでもカッコいい髪型の人がいるのも事実。例えば、種カジこと種市暁さん。

「この間バリに行ったときに、1000円カットみたいな床屋で切りました」という最近のヘアスタイル。

洋服のスタイリングの “タネあかし”はしてくれるけど、髪型のスタイリングについてはこれまでタネを明かしてこなかった種さんに、髪と髪型のことを聞いてみた。


髪の毛、心配ですよ、僕も。

増えてきた白髪を活かした自然体のスタイリング。なんか「いい感じですね」と尋ねると、「この間バリ島に行ったときに街の床屋で切ったんで、全然いい感じじゃないんです、実は。刈り上げの位置が超高くて……。早く伸びないかな」。

でも、ボリューム感はあるし、毛先も適度な束感があって、髪も元気な感じ。

「あっ、それはスタイリング剤のおかげかも」と、バッグから出してくれたのが、赤いパッケージのこのヘアワックスだ。

「LAのジョヴァンニっていうメーカーのワックスで、世界で初めて“帯電”に注目したスタイリング剤。“髪質からスタイリングする”というセールス文句にヤラれて使い始めたら、これが大正解!」。

と、ウハウハの種さんの説明を補足すると、乾燥時期の静電気や髪の縮れの原因は「マイナスの帯電」によって引き起こされるヘアダメージのひとつ。それを、ジェルに練り込んだミネラル(マグネタイト)によってプラスに変換し、ヘアケアも同時に行ってくれるスタイリング剤が、ジョヴァンニの「マグネティック ヘアワックス」なのだ。

かなり減ってる量からもヘビーユースしていることがわかる。透明のワックスは柔らかくて扱いやすい。

さらに、ワックス内のプロテインが髪を補修し、ハリやコシを取り戻すことで、スタイリングにもボリュームが出て、簡単に“いい感じ”のヘアスタイルが手に入るというわけ。

「年齢とともに心配になるじゃないですか、髪は。それでガチガチに固めるハードなスタイリング剤が使えなくなって、一時はボディオイルを代用していたこともあったんです。けど、全然キープ力がないから、髪を短くしてからは困っていて。これはしっかり髪型をキープできるし、サーフィン後も髪がキシキシしなくなったんですよね」。


では、公開ヘアスタイリング、スタート!

実際、種さんはジョヴァンニのワックスをどう使っているか。ヘアスタイリングのタネとともにお届けだ。

本邦初公開の「種カミのタネあかし」!

もちろん、髪質の違いやクセもあるからそのまま同じになんてならないけど、髪の毛に優しくてスタイリングもキマるのであれば、スタイリング剤を参考にするのは大いにアリな気がする。

「マグネティック ヘアワックス」57g 2800円/ジョヴァンニ(コスメキッチン 03-5774-5565)

試して見る価値は、あるんじゃないかな?

[問い合わせ]
コスメキッチン
03-5774-5565

山本 大=写真

# ヘアワックス# 種市暁
更に読み込む