湘南直送・マーシー直伝 海カジ・レシピ Vol.1
2019.02.23
FASHION
PR

「春の海カジはボトムスから」と言うマーシーが向かった先と買ったモノ

どこかに“海”を感じるカジュアル=海カジ。その着こなしとモノ選びのレシピを元祖・海男の三浦マーシーに聞く短期連載。舞台は、彼の地元・湘南にある「テラスモール湘南」だ。

オーシャンズ看板モデル、マーシーこと三浦理志さんは、湘南で生まれ育った生粋の湘南ローカル。そんな彼のスタイル=“海カジ”はどう作るのか。聞けば、ポイントはボトムス選びにあるという。この春であれば何を求めている?

マーシーが向かった先は、湘南エリア最大規模の複合施設「テラスモール湘南」だ。

この日は、マーシーは信頼する鉄板ショップをハシゴ。それが、ビームス、ロンハーマン、ルイスという3店だ。そこで、冬から春への衣替えに効くボトムスとしてこの3本を見つけ出した。

テーマは「さりげない衣替え」。その心は……

①「ロンハーマン」で手に入れた、久しぶりのライトインディゴ!
②「ルイス」で手に入れた、チノ感覚のワイドスラックス!
③「ビームス」で手に入れた、コーデュロイからの乗り換えピケ!

どれも馴染みがありながら、どこか新鮮なピックアップ。それぞれをどう楽しみたいか。試着中の本人に解説してもらおう。

テラスモール1
紺ジャケットにも砂浜にもなじむデニム
紺ジャケットにも砂浜にもなじむデニム
海男の色落ちデニムのセオリーは、クリーンな薄青テーパード。ダメージが強すぎないけれど、“ヒゲ”と“アタリ”は綺麗に出たもので、クリーンさを感じるものがいい。このロンハーマン デニムの色落ちはいい塩梅だから、紺ジャケにも合うし、ダーティな印象がないから海辺のレストランにだって気兼ねなくはいていける。シルエットはテーパードが適度にかかって、裾にちょっとだけ余裕があるほっそりストレート。窮屈感がないっていうのも、海カジにマッチするんだよなぁ。デニム4万2000円/ロンハーマン デニム(ロンハーマン辻堂 0466-38-1839)
ゆったりなのにキレイめなやつ
ゆったりなのにキレイめなやつ
デニムよりさらにゆったりしたワイドパンツはやっぱり快適だけど、ユルけりゃいいってわけでもない。海カジのボトムスは、街でも似合うのが大前提。だから裾幅を絞ったルイスのワイドテーパードパンツを選ぶ。こちらは前シーズンにもあった形だけれど、今年は混紡糸を使った高密度チノが登場したので迷わず購入。適度にハリと光沢があるから、街ばき用のメインパンツに抜擢できる。ウエスト部分はギャザー付きで、しかも2タックだから脱ぎはきもノンストレス。オーバーサイズのパーカに合わせても、これだけ都会的に見えるワイドパンツは珍しい。パンツ 1万3000円/ルイス(ルイスイーエックスストア 湘南店 0466-47-6711)、パーカ 2万4000円/ロンハーマン(ロンハーマン辻堂 0466-38-1839)
チェックシャツと素足にはピケが似合う
チェックシャツと素足にはピケが似合う
味のある風合いのチェックシャツに合うピケパンは、海男になくてはならないアイテムのひとつ。ウェアハウスとビームス プラスのコラボ企画で生まれた1本は、ヴィンテージの5ポケットを思わせる柔らかな素材感と29インチという絶妙なレングスが、いつもの海カジを1ランク上質に見せてくれる。はき続ければ、ステッチが色褪せてくるから年間を通して経年変化が楽しめるのもいい。素足にデッキシューズやスリッポンといった海辺の夏スタイルを先取るなら、押さえておいてソンはない。パンツ1万6000円/ウェアハウス×ビームス プラス、シューズ4万8000円/ランコート×ビームス プラス(ともにビームス 辻堂 0466-38-6175)
紺ジャケットにも砂浜にもなじむデニム
ゆったりなのにキレイめなやつ
チェックシャツと素足にはピケが似合う


「あれこれ悩む前に、まずはボトムスを変える」が、海カジで新しい季節を迎える際のマーシーの持論。それに倣って今春手に入れた3種のボトムスは確かに、着こなしの雰囲気に季節感を与え、幅を広げてくれている。

そんな出合いが待っているのも、数多くのアパレルショップが揃うテラスモール湘南ならでは。だからこそ彼はテラスモール湘南を目指す。ここは“海カジ”の始まりの場所でもあるのだ。

ちなみに……ショッピング後のひと息はアースカフェで

好みのパンツも見つかってご満悦のマーシーはこの日、アースカフェで大好きなラテを飲みながらまったり。この「アースカフェ」は、100%無農薬栽培の認定オーガニックコーヒーが飲める数少ない店。ケミカルな物質や肥料を一切使わないコーヒーは、体にも地球にも優しい。それって湘南ローカル好み。自家製のイチゴジャムがたっぷり乗ったストロベリーワッフルも食べたいところだけど、「先週も食べたから今日はガマン」。そろそろ帰りましょうか。

春の海カジを彩るボトムス選びはここから!

2011年11月にオープンした湘南エリア最大級の複合商業施設「テラスモール湘南」。国内外の有名ブランドやセレクトショップはもちろん、カフェやインテリア専門店、女性に人気のスイーツ店など280以上の店舗が揃う。さらにJR辻堂駅直結という立地の良さもあり、遠方から足を運ぶ人も多い。キッズ向けのテラスや飲食スペースもあるので、家族連れも安心だ。2018年春には大規模リニューアルを実施し、さらなる進化を続けている。

館内では2019年3月31日まで、春の湘南ライフスタイルを提案する「Shonan Spring Life」を実施中。特設ページはコチラ

テラスモール湘南
0466-38-1000
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1

清水健吾=写真 星 光彦=スタイリング TAKAI=ヘアメイク 長谷川茂雄=文

# テラスモール湘南# 三浦理志# 海カジ
更に読み込む