37.5歳からの欲しいモノ・もの・物! WHOLE OCEANS CATALOG 2019 Vol.35
2019.02.20
FASHION

カウントダウンはすでに始まっているSOLD OUT必須のコラボ作

いくつになっても、ワクワクさせてくれるコラボってものが我々は大好きです、ハイ。今季も争奪戦必至な強力タッグから思わず膝を打つ意外な邂逅まで、語り種になりそうな傑作コラボが続々登場。最高にアガる逸品は、いったいどれだ!?

「ザ・ノース・フェイス」×「ハイク」

「ザ・ノース・フェイス」×「ハイク」のコート&トップス
コート7万2000円、トップス5万5000円/ともにゴールドウイン 0120-307-560

2018年の春夏より続くハイクとのコラボは、このアウトドアブランドがモードシーンでも定着した何よりの証拠。そして今春、ついにメンズをリリース。ゴアテックス素材のナイロンファブリクスを使ったミリタリーコートはその筆頭で、露出を最小限にとどめたステッチや襟元と袖に入る両者のミニマルなロゴが上品なタンのカラーによく映える。シンプルにロゴを引き立てたトップスは、1枚で絵になるビッグシルエット。手に入ったら超ラッキー、争奪戦に参加する価値は大いにありそうだ。

 

「カーハート WIP」×「ヘロン・プレストン」

「カーハート WIP」×「ヘロン・プレストン」のジャケット&バッグ
ジャケット10万2000円、バッグ7万9000円/ともにイーストランド 03-6712-6777

カーハートお馴染みのタフなコットンダック地は鮮やかなオレンジに刷新され、前立てはボタンに沿ってジップもレイアウト、さらにウォッシュ&ペイント加工を施した、超変則的なカバーオール。ヘロン・プレストンというデザイナーがキャリアの初期にカーハートWIPのリメイクアイテムを製作・販売していたと聞けば、このアレンジの手の込みようと熱の入り方にも頷けるはず。ワークの面影はしっかりとキープしたモダナイズは、アメカジ育ちのOC世代も納得の完成度。従来とは違うリアルツリーカモ柄のボディバッグから、さりげなくトライするのもアリじゃない?

 

「ルメール」×「サンスペル」

「ルメール」×「サンスペル」のTシャツと開襟シャツ
[左]2万1000円、[右]4万8000円[2月末発売予定]/ともにサンスペル 表参道 03-3406-7377

英国最古の肌着メーカーには、パリの気鋭デザイナーも惚れ込んでいた。ルメールのラブコールで実現したコラボは、サンスペルのアーカイブに着想を得たメッシュ地のTシャツとパジャマから着想を得た開襟シャツ。そのハイセンスなデザインと着心地の良さに脱帽。

 

「デラックス」×「ワイルドシングス」

「デラックス」×「ワイルドシングス」のコーチジャケット
2万9000円/デラックス 03-6805-1661

秋冬のダウンも好評だったコラボシリーズの続編は、軽やかなナイロン地のコーチジャケット。一見シンプルながら形はモダンなビッグシルエットにアレンジされているのがこなれていて大人向け。

 

「フレッドペリー」×「ラベンハム」

「フレッドペリー」×「ラベンハム」のアウター
4万8000円/フレッドペリーショップ東京 03-5778-4930

ラベンハムの代名詞でもあるキルティング生地を活かし、よりアクティブさを強めたコーチジャケット型の1着。トラッドとユースカルチャーの流れをどちらも汲んだ、英国の老舗同士による意欲作だ。

 

「ウルトラヘビー」×「テンベア」のバッグ

「ウルトラヘビー」×「テンベア」のバッグ
H40.5×W63×D36cm 2万5000円/トーキョー カルチャート by ビームス 03-3470-3251

何でも放り込めそうな大容量、そして付いた名前が「ブラックホールトート」。なるほど、確かに高オンスのコットンキャンバスはブランド名のとおりズッシリとしている。しかし、アーティストの神山隆二さんによるロゴと鮮烈な赤の存在感はそれ以上にヘビー級だ。

 

「ワッコワッコ × バブアー フォー ユナイテッドアローズ」

「ワッコワッコ × バブアー フォー ユナイテッドアローズ」のショルダーバッグ
2万3000円/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

重たいけどそれ以上に魅力的なバブアーのオイルドジャケットが、その表情を残したまま軽くてアクティブなショルダーバッグになった。異なるルーツを持つ素材とデザインをマッシュアップするバッグ作りで話題となったワッコワッコとの痛快コラボだ。

 

「アディダス テレックス」×「ホワイトマウンテニアリング」

「アディダス テレックス」×「ホワイトマウンテニアリング」
3万3000円/アディダスグループ 0570-033-033

片手でフィットを調節できるバンジーシューレースに、ゴアテックスサラウンドを採用した防水・透湿仕様のトレイルランニング用モデル。快適さはお墨付き。街でも映えるし、山でも活躍してくれる。

 

渡辺修身、鈴木泰之、蜂谷晢実、高橋絵里奈(清水写真事務所)、比嘉研一郎=写真 星 光彦、来田拓也、松田有記=スタイリング  髙村将司、いくら直幸、今野 壘=文

# アディダス# ザ・ノース・フェイス# デラックス# フレッドペリー# ホワイトマウンテニアリング# ワイルドシングス# カタログ# コラボ
更に読み込む