https://oceans.tokyo.jp/fashion/2019-0207-6/

表参道の裏にできた、ご家族様歓迎の先鋭ショップ「エイトン アオヤマ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

裏原宿に通っていた若い頃。それと同じように、オッサンになった今こそ行くべきなのが、「表参道の裏側」いうならば“裏参道”である。

青山通りの東側の裏参道にはブルーボトル コーヒーやエイチ ビューティ&ユース、ファッションプロが信頼するレショップなどが並び、すでに多くの人が通う場所となっているが、その逆サイドにあたる青山通りの西側にも注目ショップができたのだ。
それが、かつてOCEANSコラボマーケットでコダワリまくりの箱入りTシャツを作って話題を集めた「エイトン」初のショップである。

昨年12月、青山にオープンしたエイトン初のショップ「エイトン アオヤマ」。

コンクリートの外壁にガラスと黒のアイアンフレームがソリッドな印象の建物は、素材感を重視するエイトンらしさをそのまま表現したような雰囲気。大きなウッドの扉を開くと、店内の両サイトにずらっと商品が並び、向かって左がメンズ、右がレディスとなっており、中央にベンチをセット。実は、このレイアウトがとっても家族想いなのである。

というのも、夫婦ともに服を見ながらも、気になるアイテムがあれば振り返るだけで相手の意見が聞けるし、子連れなら子供はベンチに座っていてもらえば「ほったらかし」にしなくて済むのだから。オープンして2カ月、実際に親子の客も多いのだとか。

春の新作をチェック!

エイトンの春の新作アイテム。
ジャケット7万9000円、コート7万9000円/ともにエイトン(エイトン アオヤマ 03-6427-6335)

’40年代のフィッシングジャケットにインスパイアされたフーディジャケット。生地は、コットンのようなナチュラルな風合いを実現したナイロン製。軽い着心地なだけでなく、弱撥水性も備えているのでデイリーで使いたい優秀アウターだ。オリジナル素材「エアベンタイル」を使ったステンカラーコートは、大人っぽいマットな質感なのでグリーンでも気負わず使える。

エイトンの新作アイテム。
ガウン8万9000円、スウェットシャツ3万4000円/ともにエイトン(エイトン アオヤマ 03-6427-6335)

オーバーチェックがカジュアルな印象を引き立ててくれるガウン。シルクとリネンを交互に打ち込んだ素材「リネンシルクシャンタン」を使い、ラフになりすぎない高級感も持ち合わせているのが大人にはうれしい。裏毛素材のスウェットは、発色のいいブルーが春らしい華やかさを演出できる。

自分のスタイルを確立した大人に向けて、リアルなスタンダードを発信しているエイトン。その直営店で、オッサンになった今だからこそ分かる、“裏参道”の楽しみ方を見つけてほしい。


[店舗詳細]
エイトン アオヤマ
住所:東京都港区北青山3-6-27
電話番号:03-6427-6335
営業時間:12:00~20:00、土・日曜、祝日は11:00から
月曜定休

POW-DER=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーシャンズ2019年4月号読者プレゼント
「ビーミング by ビームス」のロンTなど、豪華賞品が当たる今月のプレゼント
2019.02.25
大幅リニューアルした「ISHIDA表参道」が、時計好きでもそうじゃなくても楽しすぎる
2019.01.09
SPコラボで実現! スケない、ムレない、ヘタレない。“究極の白T”ココにあり
2018.04.26
今年こそ“Tシャツ”姿が誰よりも格好良くなれる3アイテム
2018.02.24
バランス良く着るためにパンツの丈問題も、忘れずに。
2019.04.19
サードタイプ型Gジャンの薄れない魅力
2019.04.17
クリーンな上半身だからこそ渋色パンツが利く
2019.04.15
軽快感&ユルさで革ジャンスタイルは激変!
2019.04.13
長年ファッションを楽しんできた男のミリタリールック
2019.04.11
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28